HP制作 こころに太陽 Ⅱ 久しぶりの「普通の週末」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの「普通の週末」 

土日は白やぎの実家で、黒やぎも交えて週末を過ごしました。


おにい&いもこが、とても楽しかったようで・・・実家近くのケーキ屋さんまで、ソフトクリームを食べに行ったり(ケーキ屋さんのお向かいの神社の境内で舐め舐め・・・)とか、ペットショップの前でハムスターを延々20分も眺めたり・・・とか、庭の芝生の上で、車椅子の黒やぎと一緒にボール転がしキャッチボールをしたり・・・・。


床の上に座ることは、思ったほど難しくは無かったようです。
でも・・・・立ち上がれないっ
椅子とかテーブルとかをたどって・・・なんとえっちらおっちら状態でした。

お風呂も・・・大人がそこそこ手足を伸ばせるサイズの浴槽なのですが、お湯を入れる前に試しに入ってみました。

湯船の淵に腰をかけ、お尻を軸にして体を回転させるようにしたら、比較的楽に入れました。
でも、コチラも・・・・立ち上げれませんでした


私も浴槽の中に入り、黒やぎの足の間に膝をついて、両腕を黒やぎの腋の下から背中に回して、療法士さんから教えていただいた方法で起き上がるのをサポートしようと思ったのですが・・・・重た過ぎてなかなか上がりません。
白やぎ父の力も借りて、何とか脱出に成功しました。


もし、「いけると思う」との黒やぎの言葉通り・・・お湯を張ってから入ってしまって「出られない~っ」ってことになっていたら・・・・大騒動になっていたところでした。



我が家のお風呂は、もっと狭くて正方形に近い形なので・・・黒やぎが浴槽につかるのは絶対無理
今は暑い時期だからいいですけどね・・・寒くなるまでにもっと動けるようにならないと・・・・。




一番の問題点は左脚の「しびれ」
何かの拍子に、突然電気ショックのような痛みが走るらしいです。
このままの状態では、危なくてバイクどころか車の運転も不可能です。
運転中にしびれが起これば・・・・ひっくり返るようにして痛がるので、間違いなく運転ミスを犯します。
とりあえず路肩に停めて・・・・なんて余裕は無いらしいです。



11月にMRSAに感染したとき・・・・黒やぎの左のお尻の‘中身‘は、そのほとんどが膿と化しました。
担当ドクターから「ボリュームが半分になってしまうほど、MRSAに汚染された組織を掻き出しました」と言われていました。

そのため、特に座っていたり横になっていたりし時に、布団や椅子に触る部分の刺激が、神経に異常に近い場所になってしまうのです。
歯磨き粉のCMにあるような「知覚過敏」みたいな状態。

体のちょっとした動きで起きる摩擦とか接触とかが・・・薄くなったお尻の身を透けるように神経に障ることからくる、しびれなんだそうです。




何年もかけて・・・・左右のバランスが取れた状態まで、左のお尻の脂肪や筋肉が回復するまで・・・・・長い長い時間をかけて取り戻していかなくてはならないようです。






月末には、今度は自宅での外泊訓練をします。
今度は、私をサポートしてくれる人はいません。
おにい&いもこのことも・・・黒やぎの身の周りのことも・・・・普段の家事も・・・全部私一人になってしまいます。

ダイジョウブカナ・・・・・・チョット フアン。。。。。。。


「普通の生活って、しんどいな。体力、つくづく落ちてると思った・・・」


かなり先走っていた黒やぎも・・・ちょっと現実を知った様子。
ココまで来たら、焦らずに無理せずに時間が掛かっても確実に・・・って思うのですが、先が見えてきたことで、「もっと、もっと・・・・」と、欲も出てきてしまっているので・・・ブレーキかけるのが私の役目になりそうです。




過去にも、暴走して失敗したことは何度もあるので・・・・(今回の入院の以前の話)しっかりと腰を落ち着けて欲しいです。





どうなっていくのかな・・・・・・・・・。



本人は期待いっぱい、夢いっぱい状態。
私は・・・・・不安の方が何倍も大きいです。。。。。。。。
スポンサーサイト

コメント

ベッドの上で一週間寝ていただけでも体力は格段に落ちます。
パパさんの体力が落ちているのは病気の重さ、ベッドの上での時間を考えても「予想以上」なのは避けられないと思います。
今は外泊が出来る嬉しさで動けても 毎日となると介助するママさんも体力的にキツイと想像できます。 逸る気持ちは十分に分かりますが、パパさんが「体力低下」を自覚してくれることを願うばかりです。
暴走しそうになったら呼んでください!叱り付けに参上いたします!!

でも・・・退院に向け一歩ずつ前進して来たのですね~v-22

白やぎママさん 疲れが溜まってるでしょ。体調は大丈夫かしら?
あっ、パパさんはシャワーでもママは半身浴とかで内臓を温めてください。随分と体調が違うそうですよ(^^)b ファイトv-237オーv-91(お互いにか?^_^;
ちょっぴり離れた場所からですが 子供と一緒に応援してますv-238

全部自分で抱え込んだら、きっと白やぎママがパンクしてしまうから。
大変とは思うけど、白やぎママのパパさんとママさんとか、公的機関とかも調べて、手助けしてもらえるだけしてもらいましょ!
義実家の方々が何を言ってきても、無視してね!v-37
遠くから応援するしか出来ないのですが・・。がんばっちゃダメだよ~。

>たくまなママさま

介護って体力勝負ですよね。
よく、70~90代の親を50~70代の子供…って実際には我が家では‘おじいちゃんおばあちゃん年齢…が介護していたりしますよね。
そう思えば、私は体力もあるし力も強いのだと思うのですが・・・・体の自由が利かない人を支えたり、動かしたりするのは本当に至難の業です。
老人介護と違って、回復の見込みのある人の介護なので、同年代でも親御さんの介護をしている友人に比べれば気楽なんですけどね。

まあ、口が達者だし‘前科者‘なので(爆)ナニを言い出すのか分かりませんが、しっかり「しつけ」をしますv-14

>ちょこたんさま

退院の段取りとあわせて、障害者手帳の申請手続きとかも用意を始めました。

今までの生活に出来るだけ戻したいですが、物理的・体力的にどうしても無理な部分とかありますので、公的システムでお世話になれる部分は助けていただいて、私自身がひっくり返らないように、長期戦に備えます。
私がバテると子供が路頭に迷いますからね。。。v-273

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shiroyagimama.blog56.fc2.com/tb.php/122-f1044c29

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。