HP制作 こころに太陽 Ⅱ 誰のために学びますか?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰のために学びますか? 

毎年、今くらいの時期になると、白やぎの近辺では3回の3種類の…救急講習会が開かれます。


【その1】 町内会&防災会の共催
     「普通救命救急講習」3時間。
     心肺蘇生法・応急手当法・AEDの使い方・・・など
     市消防長の終了証が頂けます。

【その2】 スポーツクラブ主催
     「救急講習」2時間
     心肺蘇生法・応急手当法・AEDの使い方・・・など
     終了証はありません。

【その3】 小学校の先生の為のプール前救急講習




最近、この3種類の救急講習がPTA役員の間で話題になりました。  

元々の始まりは・・・・・1年も前の話になります。



当時、教頭先生から「救急講習を学校とPTAとの‘共催‘ってことにしたいのですが・・・」と云うお話がありました。
「学校の名前で呼んでも、消防署は来てくれないんです。PTAとの‘共催‘という形をとれば、来てくれますので。」と云うことでした。


学校名では救急講習に来てもらえない?・・・・不思議でした。


もっと不思議なのは・・・・PTAとの共催にしたいと言ってきたにも関わらず、参加の募集は行わないで欲しい。 どうしても参加したい場合は、総務役員だけなら受け付けても構わないけど。。。。。って言われたんです。

「なんか、ウラがありそうだよね。。。。。」


当時の役員は、共催希望と参加拒否の‘からくり‘の説明を求めました。



学校側は・・・・プールの前に教職員の為の救急講習をして欲しかったようなのですが「○月●日の△時しか予定が取れない。時間は1時間だけ。」みたいな申し込みをしたために、「そんなことでは救急講習は出来ない」と断られてしまったらしいのです。←当然ですよね。

そこで・・・・PTAの名前が引っ付けば、消防署も講習に来てくれるに違いない・・・・って発想だったようです。

先生・・・・・そりゃぁ、無いでしょう。。。。。。。



その共催のお話、お断りしました。

「教職員向けの救急講習をしておかないと、万が一、事故があった時に申し開きができないので・・・」みたいなことを言われました。
同じ‘万が一‘の時のことを考えるのなら・・・・わずか1時間の講習で心肺蘇生法が身に付くのでしょうか?

当時の役員は、全員、3時間の講習を過去に受けて、終了証を頂いているメンバーでした。
毎年、スポーツクラブ主催の2時間の講習で‘おさらい‘をして、2~3年ごとに終了証を更新するような人たちばかりだったのですが・・・・それでも、講習の度に毎回・・・・・「え~っと。。。。。」ってなってしまうのです。

私なんて・・・・おにいと一緒に、複数個所の消防署の「施設開放デー」でも‘おさらい‘するチャンスがあるにもかかわらず・・・・全然自慢になりませんが、毎回・・・・・・・・・・・「え~っと。。。。」ってなってる人です

学校の教職員向けの講習は・・・・毎年受ける先生はいらっしゃらないそうです。
その年の新規採用か、異動で転任してこられた先生を主な対象者にしているので、例年の受講者は10~15人程度らしいです。



・・・・・そんなことで、心臓マッサージとか人工呼吸とか・・・・・出来るんでしょうかね?

「さすが先生になるような人は頭が良いんだね。たった1回、しかも1時間だけで心肺蘇生法をマスター出来ちゃうんだ。。。。。」

そんな嫌味も言ってみたところで、学校の対応が変わることも無く、結局、教職員限定で1時間のみの講習を・・・していただいたようです。
ちょっと様子を見に行ったんですけどね。。。。
「今から講習を・・・・」ってアナウンスが放課後にあって、指定された教室の前にPTA役員が行ってみると・・・・・先生はまだ誰もいらっしゃいませんでした。
職員室のほうが、PTA室よりもその教室に近かったのに・・・。

時間に遅れること数分・・・・10人ほどの教職員が集まられたのですが、わずか1時間・・・・その1時間の間にも講習の教室を出て行く人あり・・・・途中入室あり・・・・携帯通話あり・・・・・。


正直、あまりの「不真面目さ」にがっかりでした。
これじゃ・・・・・消防署が「来ない」って言いたくなるのは当然だと思いました。




「ウチの子、学校のプールでもし溺れたら・・・・確実に死ぬね。。。


冗談抜きで・・・・・そんな心配をしました。






今年の教職員向けの救急講習は・・・・・ちょっとココには書けないのが残念ですが、とある理由があって・・・・きっときちんとしたものをしてくれるとを期待していたのですが、私達役員の期待通り、クラス担任している教師全員を対象に、2時間の講習になったそうです。

まあ、それだけしたって「イザ!」と云うときには、真っ白になっちゃうのでしょうから、当然と言えば当然の対応なんですけどね。




本当は・・・・地元町内会やスポーツクラブ主催の講習会にも、小さい子供がいる保護者の参加者が増えればいいね・・・って話も出ました。

毎回、平均年齢が子供達の祖父母年齢層が中心。
乳幼児がいるような年齢の保護者の参加は、滅多にありません。

若い年齢層の保護者でも、お母さん達は「救急講習を受けたい」と希望している人、本当はいっぱいいるんです。
出来ることなら、終了証がいただける3時間のコースを希望している人も多いのです。
それなのに、参加率はめちゃくちゃ低い。。。。。

望んでいながら参加できない理由・・・・・「講習の間、子供、どうするのよ」なんですよね。
消防署の外でしていただく‘出張講習‘は週末が多いのですが、救急講習に参加する為に・・・・お父さん達の協力が得られない。。。。。


我が家の黒やぎなんかも思いっきりそう云うタイプでしたが、「救急講習‘ごとき‘の為に、なんで俺が子供の面倒を見とかなアカンねん」「そこまでして、わざわざ受けなアカンようなモノなんか」。。。。。。。。

母親と父親の危機感の温度差が、休日の講習会に母親が参加できない一番の理由です。
平日でも・・・・乳幼児がいれば3時間はなかなか厳しいものがありますからね。
結局、講習参加率は低いままになってしまうのです。


一度でもいいから・・・・救急講習を受講してみたら、「そんなに慌てて救急車を呼ばなくても大丈夫なんだ・・・」とか「これって、自分で応急手当が出来るんだ」とか・・・・慌てふためいて、とにかく119番~っってならずに済むこともあると思うんです。

反対に「こういう時は、救急車に頼ってもいいのね」って安心も得られます。


今時は・・・・・保護者は何かと言えば「責任追及」とかで他人に所為にしたがる時代。
そんなに我が子が心配だったら、まず、我が子の為に講習を受けるとか・・・そのためのサポートをするとか・・・・したっていい筈なのに。。。。


学校だって・・・・「すぐに学校の所為にされちゃうから参っちゃうよ」みたいに思っているんだったら・・・・・責任追及されないように、しっかり講習受ければいいのに。。。。。



もうすぐ、地元防災会主催の3時間の講習会があります。
文句を言った総務役員・・・・・各自、町内の講習に参加して、きちんと終了証を頂くようにします。
終了証があったからって、イザと云う時に何とかできるってワケではないのですが・・・・・何にもしてないよりもいいじゃんね

わがやはおにいの‘監視‘が厳しいので・・・・しっかり講習を受けてこようと思ってます。

おにいといもこの一番近くにいて、一番守ってやれるのは私ですものね。
スポンサーサイト

コメント

今年も学校で行われている「救命講習」に出られなかったv-13
何かがあった時には少しでも役にたつかな?と毎年思ってはいるのです。
心臓マッサージをし続けて救急車を待つ。自分が出来うることで救われる命があるのなら・・・と、いざという時のために講習に参加したいのですよね。
来年は参加して勉強したいものです。
その前に自分の体調を安定させねば・・・だけどねv-38

昨日の私のブログを見て下さい。v-14
全く同じ事を書いております。
何で1時間なんでしょうね?全国共通なのかな?

望んでいながら参加できない理由・・・・・「講習の間、子供、どうするのよ」

消防署の講習担当者にご相談ください。

小さなお子さんに救命講習は無理だとして、お子さんを連れて来なければ、講習を受講できない人もいると、こちらでは理解しているつもりです。

幼稚園、保育所の保護者の方が複数名で申し込みされて来た場合で良くある質問なのですが、私のところでは、「どうぞお連れ下さい」と返事するようにしています。

気楽にご相談して頂いて結構かと思います。

子供たちも消防署に来ることによって、「火の用心」の心構えが身に付くと思いますし(手の空いた消防士が子供の相手してくれますよ、特に土、日)、こちらでは、その様に対応させて貰っています。

>たくまなママさま

毎年、講習を受け直ししていても・・・・やはり年に1回のペースじゃぁ、なかなかすんなりとはいかないですよね。e-263
たとえて言うなら・・・次の講習までの1年間は「ペーパードライバー」状態なワケですから。。。
でも、実際に講習の成果が発揮できるような事態は無い方が良いに決まってます。1年間「ペーパー」で過ごした・・・ってことは、1年間、元気に無事に過ごした・・・ってことですものね。v-290

そうなんだけど・・・・・忘れるんだけど・・・・・本当に「イザ」って時の為に、何にも知らない・何にも出来ない・なんにもしない・・・・よりかはマシなんじゃないか?と思って、今年も講習会の参加申し込みをしました。

その前に、自分の体調・・・・・ねi-229 他人事じゃないです。自分で自分に心臓マッサージ・・・・あったら覚えたいですv-11

>ハイイロクマさま

昨年度の対応ですが・・・「救急講習が義務づけられているから、しなくちゃしょうがない。
1時間でも講習は講習でしょ?」
みたいな事を言われました。

結局・・・・やりたくないんじゃん。。。。。。v-40

>救急一筋定年まで さま

心強いアドバイス、ありがとうございます。v-435

管轄署でも「お子さん連れてきていいですよ」と言って頂きました。

実は・・・今回の町内の講習会で試してみようと思ってることがあります。

「託児付き救急講習会」
我が家は管轄ラインの端っこの方にあり、消防署がちょっと遠いのです。しかも、公共の交通機関が・・・無いっv-356
消防署までの往復の時間も問題点のひとつ。
あとは・・・子供が小さすぎるv-511 さすがに乳飲み子(ハイハイレベル)の子守をお願いするのは・・・・ってママが多いので(私もそう思って諦めていた人です)、自宅近くに出張講習で来ていただけるときに、近所の母親仲間が、講習会の部屋の隅っこか隣の部屋で、託児スペースを設ければ、乳児の母親も参加できるのでは・・・・と思うのです。

「講習、受けたいけど子供が・・・」ってお母さん達には、(オムツの交換も含めて)託児をすることをお話して、参加の申し込みをお勧めしてみました。
 今回は3人が受講申し込みをしているけれど、実際にはベビー係になるつもりでいます。
それが好評のようならば・・・来年くらいから、若いお母さん達を主な‘ターゲット‘にして「託児あり」を売り文句にした(良い表現かどうかわかりませんが…)救急講習会をお願いしてみようかと思っています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shiroyagimama.blog56.fc2.com/tb.php/131-e09215e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。