HP制作 こころに太陽 Ⅱ 他人事じゃないな。。。。。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他人事じゃないな。。。。。 

またまた、ネットニュースから・・・・・・(記事も添付)



ひき逃げ:着衣にタイヤ痕…男性が死亡 東京・瑞穂


 東京都瑞穂町内の路上で7日未明に倒れていた男性が死亡した事故があり、福生署は9日、着衣にタイヤ痕があることなどから、ひき逃げ死亡事故とみて捜査を始めた。

 調べでは、亡くなったのは瑞穂町長岡4、会社員、栗脇雄さん(40)。7日午前0時35分ごろ、自宅から約1キロ離れた同町箱根ケ崎西松原の路上で横向きで倒れているのが見つかった。病院に運ばれたが、意識はなく、内臓破裂で間もなく死亡が確認された。上着にはタイヤ痕が残っており、ズボンの左足部分には油のような液体も付着していた。

 栗脇さんは6日夜、立川市内で同僚2人と酒を飲み、同僚の運転する車で送ってもらい、7日午前0時10分ごろに現場近くで降りたという。酒に酔っており、路上で寝ているところをひかれた可能性があるとみている。



毎日新聞 2006年7月9日 13時53分 (最終更新時間 7月9日 14時04分)



う~~ん・・・・・運転する機会の多い白やぎとしては、他人事とは思えません。
最近、ハンドルを握っていて思うことは・・・・歩行者&自転車・・・・

危機感、無さ過ぎる~っ


夜に・・・黒い服装で・・・無灯火で・・・横3列で・・・メールしながら・・・車に向かって走ってくる高校生。。。。。

誰一人として、顔を上げることすらしないのね。

対向車がいるので、対向車線から避けるわけにも行かず、すっかり停車しきった状態でクラクションを鳴らすと、ぶつかる直前で、ものすご~くびっくりした顔で自転車ごと倒れんばかりに驚かれたりしたこと、何回もあります。

あれ、停車せずに、減速だけだったら、確実に轢いちゃってます。


あと、車道側の信号が、赤から青になったタイミングで、交差点をわたり始めるお年寄り。

手を上げれば、イツでもドコでも渡っていいんじゃありませんから・・・


しかも、片側2車線+右折レーンの合計6車線でそんなことしちゃう人もいましたから・・・・・杖をつきながら・・・・・

先頭車両は停まってくれるけど、後ろの車はクラクション鳴らしまくるし(歩くのが遅いので、なかなか進まない)、車の間をぬって、バイクがそこそこのスピード出して飛び出したら、目の前に人が歩いてたっってな訳で、避ける為に転倒してしまったバイクを見たこともあります。




今から18年前、白やぎが運転免許を取るために教習所に通っていた時に、教官から言われた言葉です。


「『運転免許証』というのは、『本来ならば歩行者の為にある道路を、車を運転する為に勉強と訓練を終了したことに‘免じて‘特別に車で通行することを‘許す‘』・・・・というものです。」



それだけ、車を運転すると言うことは、責任が重いこと。
ひとたび事故を起こせば・・・・・それだけ、車側の過失が問われると言うこと。


実際、運転する側から見れば、理不尽と思われるほどに過失が重たい例は、数え切れないほどあります。




教習所の教官には、
「たとえこちらが停車していても・・・・エンジンがかかっている限りは、歩行者や自転車の方からぶつかってきても・・・・何らかの過失が問われる可能性がある、と思って運転してください。」
とも言われました。




アレから18年・・・・当時の教官の言葉を時々思い出しながら、細心の注意を払って運転していたハズ・・・・つもり・・・・でも、1度の‘オカマほり‘経験があります。

歩道・自転車道・車道に分かれた道路で信号待ちをしていて・・・・メールをしながら車道を走っていた高校生の自転車が後ろから‘追突‘してきて・・・・転んで擦り剥いて・・・・・連絡を受けたその高校生のママから「怪我させられた」と騒がれて、警察呼ばれたこともあります。
その時は、目撃者が複数いて、事故?の様子を証言してくださいましたので、むしろ、車についた傷を修理してもらっても良いくらい・・・・みたいなことを言われましたが、結局、マシンガンのように文句を言われただけで終わってしまいました。
ま、そう云う人は、警察から車に責任のある事故じゃないって‘お墨付き‘貰った格好になったので、お巡りさん呼ばれて正解でしたけどね。



自分が車を運転するからこそ、車から見て、やめて欲しいと思う無謀な横断とか、何かに没頭しながらの歩行・・・・とか、しないように気をつけているのですが、コレだけ車が普及した世の中、そもそも道路は歩行者の為よ なんて言ったら反対に「な~に言ってんだか。。。。」とか言われちゃいそうです。


それに、こんなにも運転する人が増えたということは、運転手にもイロイロな人がいるということなので・・・・・青信号を渡っている歩行者を、クラクションで蹴散らしながら減速もせずに右左折していく運転手もいますもの。


歩く人も、自転車に乗る人も・・・・・自分自身が事故に遭わないように、最低限の心がけってあると思うんです。
これは、私が運転するから言うのではなくて・・・・自分の子どもにも、「青信号でも気をつけて・・・」とか言いますから。


白やぎの自宅近辺でも・・・・泥酔して歩道とか、道路の真ん中とかで寝ちゃう人、時々います。

駅前でも、繁華街でもないんですけどね。

自宅までたどり着けない人、時々、路上で寝てるんですよ。


酔っ払ってる・寝ちゃってる・・・・・を通り越して・・・・・救急車のお世話になるほど、体調に影響があった人もいました。




道路の状況にもよりますが・・・・・ブレーキ踏んでも間に合わないタイミングにならなければ、落下物とか気がつかない場合もありますしね。

今回のニュース、ひき逃げは許されることではないのですが・・・・どこかで、運転手は、まさか、人を轢いてしまったとは気が付いていないのでは・・・・って可能性も考えますし、「車に轢かれるほど酔っ払うなよ~」とも思うのです。



で、気になるのは、被害者を送ってきたという同僚です。

被害者、同僚2人と飲んでたらしいですが、一緒に‘飲んでいなかった‘同僚に送ってもらう・・・・って言うのは・・・・流れとしては不自然ですよね。
たぶん、運転していたのは・・・・憶測の域を出ませんが・・・・・一緒に飲んでいた同僚?
・・・・・ってことは・・・・・飲酒運転・・・・・か・・・・・!?
スポンサーサイト

コメント

…!!

事故は・・・嫌! 
どうして緊張感無く運転するんだろう?
何で携帯使用とか他のことしながら運転するんだろう?
幾つになったら飲酒運転が危ないって気付くんだろう?
急いでいても歩行者がいれば待つのは当たり前なんだよ。(歩行者妨害で減点対象です)
みんな始めて乗った日のことを忘れちゃうんだろうか?
痛い目は「その時」で終わらないんだよ。心にも傷が残るんだよ。
(↑どれも自転車にも言えることですね)

それなら運転するな!って怒られそうですが、時々私自身体調が良くないときにでも運転しなくてはいけない時があります。 周囲への注意や確認も倍以上して気を配り運転・・・帰宅して感じることは「事故無く帰ることが出来て良かった(冷や汗)。 いつもの数倍疲れた~」です。
お互い加害者にも被害者にもならないように気を付けて運転したいものですね。 みんながそう思えば きっと事故も減るのにね。

Res:

>たくまなママさま

運転する人って言うのは・・・・必ず「歩行者」にもなりますよね。
(歩行者がドライバーになるとは限らないけど)
自分が歩行者の時に「こんな車、怖いな」と思う運転はしないように心がけるようにしています。

それと同時に・・・・どんなにドライバーが気をつけても「車は急に止まれない」。。。。。
歩行者だって、「そこのけ そこのけ 私が通る」では、今時、通用しなくなっていると思います。
交通安全は、どちらかだけが心がけてもダメ。
ドライバーも歩行者も、それぞれの立場で注意すること、守ることがあると思うんです。

ただ、大きさと力の強さを考えると、絶対的にドライバーが払うべき注意は大きいし、責任も重いことは間違いありませんよね。

Good!

私も子供の送り迎えや買い物程度の運転ですが
運転する時は気を引き締めないといけないですよね。
幸いにも、事故を起こした事も
もらった事もありませんが、いつ交通事故に巻き込まれるかわからないですからね・・・

しかし、道路で寝ていたって・・・・
結構そのような人が多いのにビックリです\(◎o◎)/

Res:

>hana♪さま

夕方の保育園前・・・・お迎えの路上駐車の影から、勢いよく、道路の反対側まで走り抜けて行っちゃう子供とか、すぐ傍まで他の車が来ているのに、携帯で通話しながら、後部の確認もしないで運転席のドアを全開にしちゃうママとか・・・・自分も運転するんだったら、親子揃って注意したら?・・・・って人も、多いですね。

タダでさえ、「車は走る凶器」になる可能性が大きい存在なので・・・飲酒運転とかもってのほかです。(今日もニュースになってましたね。)凶器・・・ってか狂気です。v-37

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shiroyagimama.blog56.fc2.com/tb.php/150-d33f4e09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。