HP制作 こころに太陽 Ⅱ 七五三

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七五三 

夏休みが終わった頃から、神社などでは「七五三参り」ののぼり?を見かけるようになって来ました。

写真屋さんでも「衣装3点まで、着替え無料サービス!」とか、あの手この手の七五三商戦ですよね。


白やぎは、七五三の経験がございません。


理由は簡単。

実家の両親がクリスチャンだったから。。。。。



母方もクリスチャンでしたし、父方の祖父母も「一つの家族には神さまは一人だけ」と云う主義だったので、祖父母は仏教徒でしたが、両親の信仰については一切口を出さない人。

でも、私が洗礼を受ける時(赤ちゃんでした)などは、一緒に教会に行ってお祝いをしてくれる・・・・。

そんな祖父母でしたので、母が私を妊娠中の時から、安産祈願や犬の日のお参りとか、同居だったにも関わらず、一度も言われたことが無かったし、産後も、お宮参りとか、一言も出なかったそうです。

でも、教会で「誕生感謝の祈り」と云う‘キリスト教式お宮参り‘の日は、やはり、一緒に教会に行ってお祝いしてくれる・・・・そんな感じだったそうです。



ですから、七五三もしたことがありません。

だからと言って、どこかの新興宗教みたいに他の宗教の行事(・・・って言っていいのかな?)を批判するわけでなく、「日本ではね、こう云う理由でこんな風習があって、こんなことをするんだよ。」
見たいな感じで、七五三だけでなく、秋祭りや初詣、お彼岸のおはぎやぼた餅、お月見、端午の節句の魔よけの話、冬至の柚子&かぼちゃ・・・・・その他イロイロ。

厳密に言えば、元々は仏教や神道、儒教などの宗教的理由から始まった季節行事などを、ちゃんと理由から教えてくれましたし、お参りこそしませんでしたが、神社のお祭りの縁日なども、何度も連れて行ってもらいました。


実家の両親の「我が親ながら、偉いな」と思うところでもあるのですが、
「ウチはクリスチャンなので、そう云うことはしません!」みたいに、
神社やお寺に関係のあるような事柄をきる捨てなかったこと・・・ですね。

日本の文化として、伝統として、知っておくことと、宗教的に信じるor信じないは、全くの別問題。
季節を知る上でも、人とお付き合いをする上でも、知っておくことは大事なこと。

そう言って、イロイロなことを教えてくれました。



同じ教会で出会う方でも・・・・

「元を正せば他の宗教から始まったことです。クリスチャンには、そんなもの、関係ありません!要りません!」
・・・ってな感じで、お節句なども一切しない人も結構いるのです。
七夕の短冊に願い事・・・なんて・・・・「偶像崇拝に繋がる!」とか言う人もいますからね。

そんなの、つまらないし、夢が無いと思いませんか?

私だって、短冊に書いた願い事を‘お星様‘がかなえてくれるとは思っていませんが・・・季節の楽しい行事・・・そう思って親子でいっしょに笹飾りをするのが良いんじゃないの?

親子で一緒におはぎや月見団子を作るのが楽しいんじゃないの?


「人形供養」とか「針供養」とかも・・・・「モノには神さまはいません。」みたいに切り捨てたりする。。。。。

そうじゃなくて・・・・モノを大事にするこころを形にした行事・・・・・そう思えば良いんじゃないの?



そんなこと云うから・・・・クリスチャンは特殊人種みたいに思う人が出てくるんじゃん。。。。。。





自分が母親になって思うことは・・・・両親は、きっと他の親御さん達よりも、・・・ちゃんと各行事の謂れとか馴れ初めみたいなことを、ちゃんと勉強していたんだと思います。

今でも、私の子ども達に季節の行事などを話して聞かせたりしてくれますが・・・・本当に良く知っています。
義実家や義親戚は、仏教&神道の各行事には「全部参加!」型の人たちですが、
「どうしてそうするのか」とか、全然知らないので・・・なんで、私の方が仏教の話とか知ってるんだよっ!?なんて思ったことも。。。。。


神社やお寺に行かない分、何がどうなってこんな行事になっている・・・ってことはきちんと教えてもらったように思っています。




さて、七五三。


我が家も、おにい&いもこ、未経験です。

黒やぎ自身も・・・記憶に無いし記録も無い・・・・・いつもの通りなんですが。。。

で、白やぎは七五三参りをする気は全然ありませんでしたし、黒やぎも、「面倒だし、しんどいし、しなくていいならやりたくない」的発言をしましたので・・・・しませんでした。


でも、義父は気になるようで、
「七五三、いつするの?」と聞いてきました。

えっと・・・・・おにい、4歳なんですが? 七五三なら昨年ですが?

そんなタイミングで聞いてくるかぁ~?(爆)



ま、義実家の行動なんて当時からそんなもんです。(呆)




以降、毎年のように「七五三は?」と聞いてきますので、11月15日に一番近い義実家の定休日に、義実家で食事会をすることでごまかしています。

はい。食事などの準備や段取りは、全部、白やぎ担当です。←当たり前!


でも、それで義父は納得して、神社に連れて行かれることもありませんので・・・・気楽な方法だと思っています。

大体、どこかへ出かけるとなると、必ず、義兄弟の2人も付いてきますからね。鬱陶しい。。。。。。




難点は・・・・・毎年11月は、お祝い会状態になっていること!(汗) イツマデ ツヅケルノカナ・・・・・・・





先日、市内の大きな神社の「七五三参り」ののぼりを見たおにい、
「どうして七五三に神社に行くの? 飴(千歳飴)舐めるのに、お出かけしなくちゃいけないの?」

・・・・・いや、七五三は飴を舐める日じゃなくて・・・・・


「おにい&いもこは、教会に行って、○○先生(牧師さん)に祝福していただくでしょ?
でも、いつも教会に行ってない人は、三歳・五歳・七歳の時に、特別に神社に行って『大きくなあれ、元気になあれ』のお祈りをしてもらうんだよ。」

そんな風に話してみました。



おにい、「ふ~~ん」と頷いてから、にやりとしました。


「毎日、お母さんがお祈りしてくれる方が俺はええと思うな。。。。。」



何のことかと思えば・・・・・毎晩、子ども達が布団に入ってから私がしているお祈り。
それが、好きなんだって。。。。。。


かわいいこと言ってくれるじゃないの。



我が子の健やかな成長を願う親の気持ちがこもっていれば・・・・・・形や場所、願う相手は関係ないのかもしれませんね。






「神さま、おにい&いもこを今日一日、守ってくださってありがとうございます。
 明日も元気で過ごせるように、夜、寝ている間も守って下さい。
 イエス様によって・・・アーメン」







FC2ブログランキング
↑ ブログランキング・参加中♪

スポンサーサイト

コメント

…??

私も宗派は違えどクリスチャンの家系で育ったのですが、七五三のお祝い、しました、それも教会で。神父様から千歳飴もらって。年が大きくなっても母が余った分もらってきてくれたりしてました。・・・あれ??これって変だったのかな???

現在の婚家は仏教。長男の時には義実家に帰って七五三しました。二人ずつしてますので、後は末っ子の7歳が残ってるワ。

それにしても、男の子ってやっぱり可愛いよね~v-10

Res:

>ちょこたん さま

教会でも、付属幼稚園があったり日曜学校の人数が多かったりすると、11月に「幼児祝福式」って行事をする教会もありますねぇ。
牧師さんや神父さんの考え方にもよるみたいですけど。

私の伯母(母の姉です)なんかは、子ども達、お節句もしていないし、母が私達とお彼岸のおはぎを作ることを「クリスチャンの風上にも置けない」とか言いましたよ。
七夕かざりを幼稚園から持って帰って来て、ベランダで飾っていたことも「アナタ(母)ともあろう人が、偶像崇拝の真似事!?」とも言われたそうです。

母は「日常生活に溶け込んでこそ信仰」と思っている人なので、世の中の流れと云うか、世間一般の習慣は身に着けておくように・・・って方針だったようです。


女の子は・・・生意気です。
いもこ、毒舌絶好調ですから~。(≧▽≦)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shiroyagimama.blog56.fc2.com/tb.php/199-20ef888b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。