HP制作 こころに太陽 Ⅱ クリスマスが12月25日になったのは・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスが12月25日になったのは・・・ 

明日の夜は、いよいよサンタクロースがやってきますね。



我が家のおにい&いもこも、今日からもうそわそわしています。(爆)





焦ったところで、時間の速さは変わらないのですが・・・・・・


私も、子どもの頃は待ち遠しい気持ちでいっぱいでしたので、子ども達の気持ちも分からなくも無い・・・・・・・





だからって、「明日は夕方6時に寝ちゃおうかっ!?」(by いもこ)って言うのは、ちょっとねぇ。。。。。。。


肝心の「サンタの活動時間」に、くっきりはっきり!起きてしまいそうです。(困)




今では、「クリスマス=12月25日」と、世の中にすっかり知れ渡っていますが、今日は、どうしてこの日が「クリスマス」として祝われるようになったのか・・・・と云うお話をしようと思います。

ご存知の通り、今年は西暦2006年。コレは、「キリスト降誕から数えて2006年」と云う勘定なのですが、本当に2006年目なのかと聞かれると・・・・・実は、不明です。


「西暦●年」と云う考え方は、6世紀にローマの学者の考え出したと言われています。

「紀元後(西暦)」を表す「A・D」は前は、ラテン語で、“ANNO DOMINI”(アノ・ドミネ)「主の年」の意味で表され、それ以前は、“ANTE CHRISTUM”(キリスト以前)ACと略しますが、一般的に英語圏では“BEFORE CHRIST”としてBCと略します。




新約聖書には、「さて、この地方で羊飼いたちが夜、野宿をしながら羊の群れの番をしていた。(ルカによる福音書 2章8節)」と云う記述があります。


キリストが誕生したユダヤ地方は、日本と同じ北半球なので、羊飼いが野宿をするのは夏場だけです。
だから、キリスト誕生は・・・・「本当は夏」と云うことになるのですが・・・・・冬にクリスマスを祝う様になったのは、実はずっと後になってからのお話・・・・・・・です。





イエス・キリストの‘誕生日‘であるクリスマス(「christ」=キリスト「mas」=来る)が12月25日に祝われるようになったのは、4世紀前半からと言われています。


当時は、ローマ帝国が大きな力を持っていた時代。
ローマの暦は「ユリウス暦」が使われていました。



ユリウス暦では、12月25日が「冬至」にあたり、この日を境に夜よりも昼の時間が長くなることから、この日から「世の中が明るくなっていく」と、当時の人々は思っていて、ローマでは12月25日に「太陽の神の祭り」が行われていました。


この風習を、当時のキリスト教徒たちが取りいれて、「自分たちの本当の光」=「イエス・キリスト」の誕生を祝うことにしたのが始まりと言われています。




ちなみに・・・・・・


クリスマスの飾りにリースが使われるようになったのは、リースの形が「円」だから。
「円」は、ドコまでたどっていっても終わりがなく、必ず最初の場所に戻ってくることから、イエス・キリストの「私は始まり(Α・アルファー)であり、終わり(Ω・オメガ)である」と云う言葉に通じるもの・・・・として、用いられるようになりました。


また、クリスマス・ツリーの上に星を飾るようになったのは、キリストの降誕を知らせる為の合図として、聖書の中では「星」が用いられているからです。

今では、一般的な☆が使われますが、本来は、三角形を上下に重ね合わせた六角の星(「ベツレヘムの星」または「ダビデの星」といいます。イスラエルの国旗になっていますね。)が用いられていました。









FC2ブログランキング
↑ ブログランキング・参加中♪

スポンサーサイト

コメント

キリスト教の家に生まれながら、ほとんど勉強せず、熱心でない仏教徒に嫁いでしまった私。今となってはクリスマスのミサにも行かず、クリスマスはイエス・キリストのお誕生日なんだよ~ってこともたちに教えるくらい。
クリスマスくらいミサに行きたいな~っと毎年思うだけで過ぎてます。

>ちょこたん さま

クリスマスの讃美歌とか、きれいだし大好きなんですけど、なかなか聖歌隊にまでは復帰できずに過ごしています。

24日深夜のミサに、子どもを(ダンナも)寝かしつけた後に出席する・・・・・年に一度の「贅沢」です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shiroyagimama.blog56.fc2.com/tb.php/242-a465bbb1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。