HP制作 こころに太陽 Ⅱ キアゲハ、嫁入り

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キアゲハ、嫁入り 

去る土曜日(6日)、透けていたさなぎが羽化しました。

翌日の日曜日(7日)は、朝から予定があった為に、急遽、キアゲハを伊丹市昆虫館へ連れて行きました。


羽化した直後! まだ、くしゃくしゃの羽。
200701061426000.jpg


ちょっと羽が伸びてきました。
200701061502000.jpg


昆虫館につくと、受付で名前と目的を告げ、入館料を払って待ちました。


学芸員さんが出てきてくださり、帳簿にキアゲハの「入居記録」みたいなものをつけます。

我が家のキアゲハは♀でした。


過去2週間の間に、同じような境遇の蝶々が数匹‘入居‘した記録がありました。



記録簿には、受入日と羽化日、蝶の種類と雌雄の別、持ち込んだ人の住所と氏名などが書かれていました。

年末に、キアゲハの♂が‘入居‘していて、学芸員さんによると、キアゲハは本来なら温室内にはあまりいない時期なのですが、上手く温室内で巡り会えば‘新入り同士カップル‘で子孫を残すかもしれない・・・・と云うことでした。


蝶々温室に着いた時、キアゲハは羽化から1時間半くらいしか経っていませんでした。
夏場なら、2時間強で飛べるようになるようですが、寒い時期なので・・・・3~4時間くらいじっとしているかもしれない・・・とのことでした。

羽化してから半日くらいは、蝶々の体に慣れる為に花の蜜を吸わない(吸えない)そうです。

200701061549001.jpg

温室内のアゲハチョウが好んで集まる花に降ろしました。
まだ飛べないので、体の前に指を出すと歩いて?登って来ます。


200701061551001.jpg

200701061552000.jpg

200701061556000.jpg

温室内には、何種類もの蝶がたくさん飛んでいます。
街中の蝶と比べると、温室育ちの蝶々は警戒心が薄いような気がします。

200701061556001.jpg

「オオゴマダラ」 大きくてヒラヒラと優雅な感じの飛び方をします。
人懐っこい?蝶で、時々、人の服とかに留まりますし、指を出すと、逃げずにあっさりと移ってきます。
200701061602000.jpg


時には、飛行中に進行方向に差し出した手に留まる事もあります。
200701061603000.jpg



200701061600000.jpg

果物の汁に集まる「コノハチョウ」の仲間。パパイアに夢中です。

200701061558001.jpg

きれいなさなぎも温室内に「展示」されていて、運が良ければ羽化が見られる・・・と云うコーナーも。。。。。
200701061558000.jpg

宝石の仲間のようにも見えますが、この‘キラキラ‘がさなぎです。



1時間ほど温室内で蝶を眺め、まだ飛べないまま花の上でじっとしたり、時折、羽を広げたり閉じたりしていたキアゲハに別れを告げ、帰宅しました。



キアゲハ、今日も楽しく飛んでいるでしょうか。。。。。。。








FC2ブログランキング
↑ ブログランキング・参加中♪

スポンサーサイト

コメント

へー!そういうことなんですねー!

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
いやー、「蝶の嫁入り」、いいなあ!!

>kimballさま

例のキアゲハ、さすがにそろそr寿命を迎える頃だと思うのですが、寒空に散ることなく、上手くいけば子孫も残せているといいですね。

他のさなぎは、まだまだ冬眠中です。zzzzz

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shiroyagimama.blog56.fc2.com/tb.php/246-9c6a6d49

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。