HP制作 こころに太陽 Ⅱ 上履きとお下がり

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上履きとお下がり 

我が家の子ども達、ご近所やサッカー部の先輩達のお下がりを頂いたりしています。

我が家のお下がりを、ご近所の小さい子が着ていたりもします。



学校や幼稚園の上靴は、終業式に持って帰ってきたら・・・・・
洗って始業式に持たせています。

もちろん、あまりにも汚れが酷くて、こすっても汚いまま・・・とか、
擦り切れた・・・とか、サイズが合わなくなった・・・などは、
新しい靴に交換しています。



こう云うのって、私は普通のこと、当たり前のこと・・・と、思っていたのですが、お母さんの中には「それって子どもがかわいそう!」と思う方もおられるようで。。。。。。

新学期が始まり・・・洗濯した上靴が原因で、クラスメートに意地悪を云われるケースが出て来ています。

「新学期なのに古い上靴を履いている。」



お下がりも、イジメの対象になったそうです。

「貧乏人や!」




・・・・・・・あら、どうしましょう?

おにいといもこも・・・・古い上靴だわ。
しかも、お下がりも着たりしている・・・・・・

・・・・・・ウチの子も・・・・貧乏人・・・・・かしらね?






上靴とお下がりが発端の「貧乏人騒動」・・・そのクラスの担任の先生は、「貧乏人」とはやし立てた子ども達の保護者に対して、

「ご家庭でも、モノを長く大事に使うことの大切さを会話の中に入れて親子でお話してみてください。」

・・・・と、仰ったそうです。





「義務教育の給食費は払う必要がない!」と言って、給食費不払いにする親がいたり、「給食費を払っているのは私なので、ウチの子に『頂きます』とは言わせないで下さい。」って親がいたり・・・・

そんなご時勢の中で、「モノを長く大事に・・・」って話が出来る先生、素晴らしいと思いました。

下手に正論ぶつければ・・・・逆ギレされるというか、何を吹っかけられるか分からない今時に・・・・素敵だと思いました。




・・・・・・・でも・・・・・・


先生のお気持ちは通じなかったようです。



「上の子のお下がりの服を着せるなんて、
そんなの、下の子にとっては人格否定です!
そんなかわいそうなこと、我が家ではしておりません!!」




当然のことながら、我が子がクラスメートを「貧乏人呼ばわり」したことについても・・・・・

「なにか間違ってますか?」








もう、ダメです。。。。。。。。。。。




FC2ブログランキング
↑ ブログランキング・参加中♪

スポンサーサイト

コメント

とすると

うちも間違いなく貧乏人だわ~。私自身、姉のお下がりが多くておニュー(古い表現だ~笑)の服って嬉しかったけど、姉はおしゃれな人だったので、お古も結構嬉しかったし。
子供たちも、ご近所からお古を頂いて非常に助かってたりします。男の子のはなかなかまわって来なくて困ってるし。

’貧乏人で何が悪い!心が貧乏になるよりよっぽどいい!’って
子供に教えたいですね~。金持ちをひけらかす金持ちって、ほんと心が貧乏なんでしょうね~。

ええっ いま こんななっちゃったの~!!ひどい。ひどすぎる。いつも新しくていい物に当たり前に囲まれて育った子供達は、大人になってどうなるのでしょう。思うようにならないと犯罪もいとわない・・・。怖い世の中です。こういうところから、本当の意味の品格差が出来てきて、俗に言う格差になり世の中が荒れてくるのでしょうね。この親は親の資格無し!
地球上に存在し得る全生命の数は限定されており、輪廻転生を繰り返している。人間が増えてくれば、人から人への輪廻だけでは生命数が足らなくなってくるので、虫や動物から人間に生まれ変わる生命がある。だから今の世の中はとても人のすることとは思えない残忍な犯罪が起きるのだ。・・・という説を聞いたことあります。ほんと おかしいですね。

「物」を大切に出来ない人は、当然のことながら「他のモノ(者)」を大切にすることが出来なくなりますね。
それにしても「お下がり」が「人格否定」とは…
その人にとって「お下がり」を当たり前にしている人の「人格否定」は、してもよいのでしょうかね?
( ̄∇ ̄;) ムジュン シテイルヨ
我が家は、「お下がり肯定派」です。
将来は、「息子のお下がり」を着用する予定(汗

昔は「おさがり」なんて当たり前の事だったですよ。
そのうち父より兄より私の方が大きくなって、私のお下がり親父が着てたりしてました(笑)

しかし、いよいよ「親を教育する学校」はたまた、子供をつくる為の資格試験なんて、笑い話では済まされなくなってきますね。。。
  • [2007/01/15 12:17]
  • URL |
  • ちょんまげ侍金四郎
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

そこまでは言い過ぎかと…

人格否定とは言いすぎですよねぇ…

でも、最近はお下がりをあまりしない方も多いみたいなんで、下手にお下がりあげようか?と言えなくなってきましたね、そういえば。
確かに下の子はかわいそうかも…って思うときもありますが、なんでも新しいものがいいか言われればそうではない気がしますし、それもそれぞれのご家庭での考え方次第。
自分の価値観を押し付けるのはちょっと違いますよね…

裕福だから上ってのもちょっとなぁ…
子供にそんな考えを教えたくは無いですよね。

>ちょこたん さま

そうそう!お下がりで「貧乏人」ならば、私も貧乏人ですね。
子どもの頃、同じ教会のちょっと‘お姉ちゃん‘のお下がりを頂いていました。
私のお下がりは、2人の妹以外にもどこかへ行っていました。

今、その‘お姉ちゃん‘のお子さんのお下がり、おにい&いもこに来てますし、2人のお下がりが、私のお下がりを着ていた子のお子さんに行ってます。
親子2代で貧乏人継続中!(笑)

自分が気に入っていて子どもながらに大事に着ていた服、よく知ってる子が着てくれるのは、なんだかくすぐったいような嬉しいような・・・全然嫌な気持ちじゃなかったけどなぁ~。

ひとつのものを、大事に長く使うとお金が貯まるんだよ・・・・たぶん。。。。。。アレ?

>BOXERさま

かつての実家があった芦屋市内。。。。。雑誌やバラエティー番組などに頻繁に「お嬢様」「セレブなマダム」「お金持ち」ってことで紹介されている派手な人たちよりも、実は、穏やかに地味目で華美にならない品の良い雰囲気の「本当のお金持ち」がいることを、地元の人たちはよくよく知っていました。

あえて言うならば・・・「成金」が勢いに任せて人を見下す・・・かな?

本来は、人間では無いのに人間に輪廻転生してしまうお話・・・怖いです!
私、本当は‘虫‘だったらどうしよう!?とか・・・・心配になっちゃいます。

>救急一筋定年まで さま

以前、お下がり否定派のママと「リサイクルショップ」で会ったことがあります。
大量の子供服を買い取りコーナーに持ち込んでいました。
その時は、別になんとも思いませんでしたが、今になって思えば・・・・・
「人格否定」を売って金を受け取っていたのか!?(爆)

母以下女が4人の実家ですが、一番大きな私のお下がり、時々母が着ています。(笑)

>金四郎さま

同じく、母にお下がりを着せてしまった私です。(爆)
今時は、リサイクルショップなんてものもありますが、兄弟間や仲良し家族同士でのお下がり、普通ですよね?

冗談抜きに「親を教育する学校」も必要なのかもしれませんが、
「最近の母親は・・・」って文句言ってる年代の方々、実は、その‘親の親‘の世代なんですけど・・・・それってどうなんでしょう?(≧▽≦)

>聖さま

我が家の近辺では、ご近所でも当たり前のようにお下がりが行ったりきたりしています。
入園時の子ども用フォーマルなんかは、お下がりのお下がり・・・とか珍しくないですね。
お裁縫上手なお母さんが、サイズ直しまでしてくれちゃったり。。。。

別に、経済的理由で上履きを洗ったりお下がりをしたり・・・ってワケじゃぁ無いと思いますし、裕福だからお下がりしない・・・って云うワケでもなさそうです。(あくまでも見かけ上ですが・・・)
要は、モノに対する気持ちの問題かと。。。。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shiroyagimama.blog56.fc2.com/tb.php/248-87d18a2d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。