HP制作 こころに太陽 Ⅱ 報道に望むこと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道に望むこと 

地震のニュースは胸が痛む・・・・・

2階建てなのに大人の背丈ほどに倒壊した木造家屋の映像に、
12年前の記憶がオーバーラップする。






母親となった今、被災地の子供たちのことを考えてしまう。

友達とは安否確認できただろうか?
いもこと同じ様に、4月から1年生になる子たちは、ランドセルとか用意していたであろう入学用品を無事に取り出せているのだろうか?
余震が頻発する中、ちゃんと眠れているのだろうか?
妊娠中だったり乳飲み子を抱えているお母さんたちは、オムツやミルク、出産の準備品などちゃんと確保できているのだろうか?



ちょっとだけ気休めになったのは・・・春休みの午前中だったこと。

まだ、あまり遠くへ出かけている子供も少なかったのでは?
その瞬間、親元にいて、怖かったその時にお母さんの近くに居れたんじゃないか?そんな気がする。
お母さんも・・・我が子の安否を気にして探しに出たり待ちわびたりすることは少なかったんじゃないか?そんな気がする。



それでも、不安で不自由な生活が強いられることに変わりはないわけで・・・・・・・





家財道具の一切を抱えたまま・・・文字通り「音を立てて崩れていく」我が家。

自宅を無くした人に「どんな気持ち?」って聞くか?
避難所で寝泊りする人に「これからどうする?」って聞くか?




12年前、野次馬根性丸出し丸見えで・・・・被災地見物にやって来た人々にも腹が立ったけど・・・・

震災直後に、避難所で暮らさざるを得なくなった人に・・・・
家族を・・・家を失ったと分かっている相手に向かって・・・・

「今のお気持ちを・・・・」

マイクがあれば・・・いつ、どこで、誰に、なにを聞いても構わないのかっ!?・・・そんな憤りを覚えたことも数え切れず。。。。。。


自分自身が、一瞬にして大事なものを・・・暮らしてきた町を失ったら・・・

「どんな気持ち」なんて見ず知らずの相手に言葉に出来るかどうか考えて聞いて欲しい。





報道は、公正・公平・真実でなくちゃいけないと思うけど、
人と接する場面では、相手の気持ちを思いやること、相手の状況を察する想像力を持ってもらいたいと、災害や事故の報道のたびに感じずにはいられない。








FC2ブログランキング
↑ ブログランキング・参加中♪

スポンサーサイト

コメント

その通り

本当にその通りです。何を伝えることが報道なのかもう一度頭冷やしてから出直してこい!って言いたくなります。
被災した人はつらいに決まっているじゃないかっ。
みんな心に傷を負っているんだよ。
時間が経っても傷跡は残る。
本当に最近はTVゲーム感覚のインタビュー
が多いですね。スィッチ入れてスタート、リセットボタンでやり直しみたいな。

>boxerさま

約2ヶ月前の話題になってしまいましたね。
放置、失礼いたしました。m(_ _)m

先日の愛知の立てこもり事件でも思いました。
家族が撃たれて庭先に放置状態になっている・・・・・それを延々映されるご家族の心中は?
若くして命を落とされたSAT隊員の関係者を追い掛け回す意味は?
見るに耐えない気持ちになって、途中でTVを消しました。

加害者に関する報道は‘プライバシー‘とか何とか言って意外とブレーキかけられますが(どこかが止めてる?)、被害者って、報道による2次被害3次被害・・・際限なく追っかけまわされるイメージがあります。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shiroyagimama.blog56.fc2.com/tb.php/276-ec6c37a3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。