HP制作 こころに太陽 Ⅱ 独身~♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独身~♪ 

おにい&いもこ、白やぎの実家へ泊まりに行きました。



サッカーの練習が終わる時間に、白やぎの父が迎えに来てくれたのです。

今夜は自治会の役員の引継ぎ会もありましたし、明日は、知人の告別式、白やぎの定期健診(医大)やPTA会計の最終〆・・・そして、黒やぎの手術・・・・・。


子供たちをつき合わすには、退屈だしかわいそうだよね・・・って予定が多いし、春休みになったことだし・・・
「お母さん、自分のペースで自分の用事をする時間にしなさい」
白やぎの母が、そういって‘託児‘を申し出てくれたのです。



そりゃ、私は気持ちも楽になります。
子供たちを「市中引き回しの刑」にしなくて済みますし、あちこちに気を使うこともなくなりますし、自分の都合で動けると、体力的にも助かります。


子供たちも
「何回お泊りしてもいいの?」
「おばあちゃんと寝れるの?」
「おじいちゃんと遊べるの?」

昨夜から、ずいぶん楽しみにしていました。




母も父も、孫たちのお泊りを楽しみにしてくれているようで、
「晩御飯、何を作って待ってたら喜ぶかな?」by母
「明日の朝のパンは、一緒にパン屋に行って選ぼうか・・・」by父
昼から私の携帯には、両親、それぞれから‘お楽しみメール‘が届いていました。





楽しい春休みが過ごせそうですね。

私も数日間、「独身生活」です・・・って、子供たちのシーツや毛布も洗濯して、車も洗って、窓拭きもしたいし・・・決して暇な「独身」じゃないのですけどね。

久々に、自分の時間で自分の用事が出来そうです。





さて、おにい&いもこの「お泊り会」で、一番楽しい嬉しい思いをする人は、誰でしょうねぇ・・・
スポンサーサイト

コメント

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/ (ナイスの代わりです:-)

白やぎママさま、
神様がくれた命の洗濯期間ですね!
すばらしい春休みとなりますように!!

神さんよー! 意地悪すんじゃねーぞ!!>神様 \(^o^)/

ちょっぴり心配なこともありますが、なあーに、意外と
「神様」も粋な計らいをしてくれることもあるかな?と。

-------------
すみません、凡人オヤジがひとりテンションあげてまして!!
意地悪されっぱなしの日々なもんで。\(^o^)/
はは、でも、そういう心根だから「神さん」も「もっとやってやれ!」と
いう気になるのかなぁー?なんて。

ふふ、曽野綾子さんのおっしゃる「感謝の念」が足りないせいですかね?

し、失礼しやしたー。

子供たちの居ない生活・・・決して邪魔とかいうんじゃなく、肩の荷を下ろした気分って言うのかな?
ご両親も喜んでくれているからハッピーでしょう!

この隙にママさんも少し気分転換をされたらいかがでしょうか?
今だけは心配事も忘れて・・・

親ってほんと、一番の味方なんですよね~。勿論、夫もそうなんだけど、何の責任もないただの娘に戻れるのって親の前だけだもんね。

かの震災で両親が生き延びてから。普通なら'親孝行しよう'っとか思うんでしょうが、私が思ったのは。
'今のうちに目一杯甘えさせてもらおう!’でした。

うちの両親、戦前生まれの典型だと思うんですが。いつまでも'親'でありたいんですよね。子供の前だと口が裂けても弱音なんて言えない、親の沽券に関わるって感じで。

兄たちから見ると、’まったく、末っ子は’になるんだけど、甘えるってのも親孝行かなっと、自分の都合のいいように考えてます。

'親からもらったものを全て親に返す事は出来ない、だから子供に返すの。それがずっとつながっていくんだよ'ってなことを母から言われたことがあります。だから、親に甘えさせてもらった分は、子供たちに返せれば、それでいいんじゃないかなっと思ってます。

一人の時間。しなくちゃいけないことに目一杯使わないで、ゆったり、のんびりした時間も楽しんでくださいね。

私も先日しばらく実家に一人で滞在していました。
いろんな用事もあったけど、
それなりに自分のペースで動けて楽しかったです・・

たまには自分自身に戻れるのもいいですね(*^_^*)

>kimballさま

「春休み」初日はドタバタと終了いたしました。
命の洗濯は?ですが、本物のお洗濯ははかどりました。v-14
本日、我が家のベランダは、ビルの窓から窓へ旗のように洗濯物が広がるイタリアの下町のようでした。v-291


不安なこともあるからこそ・・・ハイテンションで臨むのも乗り切る手かもしれませんね^^v

>はっぴーさま

子供たちと「三個一」で移動するのにもすっかり慣れたのですが・・・今日一日、久しぶりに自分ひとりで過ごすと、思いのほか用事のはかどるペースが速くて・・・v-392


両親に、子供たちを見てもらうのも、ある意味「親孝行」なのかもしれませんね。
でも‘しゃべって暴れる小型発熱機‘が2台も一度にいなくなると、夜の家が寒く感じます。v-407

>ちょこたんさま

本当に、親はいつまでも親ですよね。

地震の後、「親孝行」も「甘える」も、私がどちらの感覚も思い浮かばなかったのは、きっと、まだ独身で、親と一緒に暮らしていたからなんでしょうねぇ~。


どんなに親孝行しても、親が私に注いでくれた以上の愛情を返すことなんて、出来ないですよね。
ちょこたんさんのお母様のおっしゃるとおり!
だから・・・同じように我が子に対して、何の見返りも求めない無償の愛情を注ぐのかな・・・?

>akkoさま

>たまには自分自身に戻れるのもいいですね

 …同感ですe-51
 家族がいると、どうしても「女房」「母親」が優先されて「私」
 は忘れられがち・・・e-263
 結局は、家の用事をしていたりするのですが、自分の時間って大事ですね。

たまには、親孝行して甘えてみるのもいいですよね♪
でも意外と自分の時間があると思っても
「今のうちに、アレもコレもやっておこう」なんて思っていると
あっという間に時間が過ぎてしまったりしちゃいますよね・・
それはそれでも良いとして(笑)
ここ数日忙しそうですね・・・
近ければ、夜の話相手になりましたのに~~~(縛

>hana♪さま

イロイロと、やりたいことやしなくちゃいけないことなんかを考えていたのですが・・・既に2日が経過してしまいましたv-13

いなかったらいなかったで・・・「ちゃんとご飯食べてるかな?」「両親を困らせてないかな?」とか・・・気になっちゃいますね^^;



ところで・・・相手をしてくれるのは、話だけ? v-272は?v-407

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shiroyagimama.blog56.fc2.com/tb.php/28-ea67a6a3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。