HP制作 こころに太陽 Ⅱ 血液検査

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血液検査 

本日、週末に採血していた黒やぎの血液検査の結果が出ました。




何を調べていたのかといいますと・・・


肝炎とHIVです。結果は「陰性」でした。



昨年の11月と12月に、輸血と血液製剤の投与を受けていましたので、万一、肝炎やHIVに感染していた場合は、手術室の管理も、担当してくださるドクターや看護師さんたちの感染予防も、厳しくなります。



黒やぎ本人も、場合によっては治療が必要になったり、少なくとも、今後は定期的な検診などが必要になってきます。



治療側、患者側・・・双方の利益を考えた上で、輸血などを受けた患者さんには、出来るだけ血液検査を受けて欲しいそうなのですが、強制力はなく、あくまでも患者の同意があった場合のみ・・・らしいです。



本人の健康管理を考えただけでも、みんな、知っておきたい結果だと黒やぎと私は思っていたのですが・・・検査同意率、低いらしいです。ふ~ん・・・・・。ちょっと、意外でした。






なんでも、万が一、感染していた場合、周囲の目が気になる・・・とか、職場にバレたら・・・とか、家族まで巻き込むことになる・・・とか・・・。。。。。



本当に大切なのは、まず、本人の健康。
そして、周りの人への感染防止。



そのためにも、検査を受けるのが良いと私は思うのですが、それよりも、「万が一」の世間の白い目を気にしなくちゃいけないあたりが・・・今の世の中の哀しいところです。


自分だって、いつ何時・・・どんな病気や怪我をするかもしれないのに、感染力が強かったり、治療方法が確立されていない病気だったりすると、まるで「悪いことをした結果」みたいな言い方をする人がいるのは事実です。


実は、黒やぎの父も、田舎の親戚の年配者も・・・そんな考え方の人が何人もいます。


心無い言葉を口にする人たちを気にして、検査や治療をためらう人がいる・・・なんか・・・どこか・・・間違ってるように思うのですが・・・。
病気だけでなく、周りの人からも辛い思いを強いられる・・・そんなの悲しいですよね。



でも・・・・・そう言うこと、分からないし、分かろうともしない人がいるのも現実。。。。。
スポンサーサイト

コメント

一定の感染病については検査を強制にしても良いかと思います。
それこそ「感染者を増やさない為」 白い目で見る人は少なくありません。 だからこそ会社や市でやっている健康診断の中でやるべきではないでしょうか?

パパさんの結果が「陰性」で良かったですね。
心配なことは先ず調べてみて「-」と分かれば心配の種を無くせる。 私自身もそう考えて色々検査を受けてみる一人です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>たくまなママさま

本当は、職場や市の健康診断などでも検査できれば、コストも割安になりそうな気もするのですが、公共の場での検査って、結果管理が甘かったりしませんか?
特に、職場での本来なら本人と、直属の上司か情報を管理する立場にある人しか知らないはずの情報が・・・いつの間にか公然の秘密になっていて、みんなが噂してる・・・って状況、何度も知っているだけに、結果の管理が難しそう・・・・・。

>結果の管理が難しそう・・・・・。
確かに難しいことです。 小さな事ですが経験がありますからね。
完全に外注にして本人のみに結果を知らせる等の厳しい管理が必要だと思います。 情報漏洩なんて事があってはならないのが本来のことなのですがね~悲しいかな「人の噂」が好きな人が多過ぎます。

>たくまなママさま

>悲しいかな「人の噂」が好きな人が多過ぎます。

そうなんですよね!?
結局、その部分が「検査拒否」の一番の理由になっている模様。
知られたくない相手、知る必要の無い相手にまで、自分が病気だった場合に知られてしまう → 噂の標的になる・・・って構図。

今回の黒やぎの病気や治療に関係して、本人の身内から白い目も心無い言葉もいっぱい飛んできたので、こういう人達が痛みや弱さを抱えた人を、ますます追い込んでいくんだって、実感しました。
でも、自分達はちっとも悪いことをしたとは思っていないし、そのくせ、反対の立場になった時には、ものすご~く被害者意識丸出しにします。厄介な人たちです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shiroyagimama.blog56.fc2.com/tb.php/29-227bcf2f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。