HP制作 こころに太陽 Ⅱ 両極端

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両極端 

小学校のPTAやサッカー部の役員をしていて思うことがあります。


「子どもって邪魔なの?」







子ども1人につき、1回の役員経験・・・・とか。。。。。。。
通常の練習日のお茶当番・・・・とか。。。。。。
試合のときの臨時のお茶当番や、試合会場が小学校以外の場合の
自転車での引率や車での運転手役・・・・とか。。。。。。。



「面倒くさい」

「休みなのになんで?」

「そんなこと、全部コーチがすればいいんじゃないの?」

「子どもの為に自分の時間を取られるなんて!」

「親だからって、子どもの所為で物理的にも時間的にも拘束されるのは苦痛!」




何かって言うと、「負担」とか「苦痛」とか口にして、
我が子のことなのに、人任せにしようとする。。。。。。。。

「『親だから』って理由で、自分のしたいことを我慢したり、
自分の時間が取られるのは納得がいかない。」


そう言った人もいました。







そうかと思えば、過保護・過干渉・子離れ不能な保護者も増加中


参観日など、カメラやビデオなどの撮影が子供たちの集中力を削ぐ・・・
との理由で、参観の案内の手紙(学校発行)には、


 * ビデオやカメラでの撮影はご遠慮ください。
 * 携帯電話の電源はお切りください。



私にしたら、「そんなん、当たり前やん!?」って思うような注意書きが
書かれています。




でも、学校宛に問い合わせ&苦情の電話が来るのも事実です。



「親が我が子の勉強している様子を記録したいと思って、なにがいけないんですか?」

「子どもの成長を見たいと思う親の気持ちはどうなるんですか?」



夫婦揃っての参観はもちろん!
両親それぞれの実家から、じいちゃん&ばあちゃんがダブルでやってくるのもお約束。

別に、子どもや孫の為に参観に集まるのは構わないけど、得てして、授業中の教室の一角で‘親族座談会‘が始まってりして・・・・うるさい。。。。。

来るならお静かに願いたいものですが、おばあちゃん同士が「お久し振り・・・」とか「その節は・・・・」とか・・・・・
なんで授業中にご挨拶合戦しちゃうかなぁ~~???


授業中に、我が子の名前を呼んで振り向かせてシャッター切る両親。。。
当然、我が子は振り向いてにこやかに手なんか振っちゃったりしますし、近くの席の子達も一緒になって振り向いたり、「ウチのママ、おらへん!」って言いながらキョロキョロする子も出てくる。。。。。


子供たちを前に向かせて、再度、集中させなくてはいけない先生、本当に大変です。

・・・・・で・・・・・自分が我が子を呼んだのがきっかけでざわついた張本人が「今日の授業、なんか落ち着きなかったと思わん?あの先生で大丈夫なんかなぁ~?」とか平気で言ってたりします。


アンタの所為やっ!!


泊りでの学校行事に、
「今まで、親と離れて夜を過ごしたことがない子だから心配。
 途中で様子を見に行きたいわ。。。。」


・・・・・・・5年生やぞ・・・・・・・・




サッカーでも、我が子が試合に出場する時間が短いって言い出す保護者も出てきました。

1年前とか、そんなこと言う人いなかったのに・・・・・・

部員が2倍になれば、身勝手ママも増えるということでしょうか。。。。。





少し前に「親学」とか話題になりましたね。

母乳育児の推奨や、授乳中にTV見るな・・・とか、寝る前に絵本の読み聞かせを・・・とか。。。。。。

そんなもの、人に言われてするもんじゃないじゃん。。。。。


何よりも不思議なのは、今の母親世代(私の年代)の親に当たる世代の‘識者‘と言われる方々が、
「今時のお母さんたちは、なにやってんだか?」
「ちゃんと子育ても出来なくて・・・」
とかコメントなさるのも、白やぎ的には少々不思議。



そんな親に育てちゃったのは、どの世代ですか?・・・・・ってね。



こん事言ったら、また言われちゃいますね。
「出来もしないのに生意気で・・・・」って。www








FC2ブログランキング ブログランキング・参加中♪

スポンサーサイト

コメント

親だから子供の世話をするんでしょうに・・・v-12
最近悲しいニュースばかりで 信じがたい事件が多過ぎてニュースの時間もあまりテレビを点けなくなりました。 人の命や心を思い遣らない人が多過ぎます。
テレビの中で解説・評論している方々の発言も かなり呆れる言葉が多過ぎるようですね。 自分たちは戦中戦後でヒドイ生活を経験したから・・・と甘やかした子供が親になって子供達を更に甘やかす。 時代の変化とともに教育・遊びの場が変わったからといって躾をしなくて良いわけじゃないのにね。 文明が進化(?)しても子供の体や心が育つ速度が変わるってことじゃないのに。 何を勘違いしているんだろう?・・・と自分にも問いかけてます。

まさしく親になりきれていない大人が多すぎます。
これは異常なことであり、そんな親に育てられた子供が、こんどはどうなるのか考えると恐ろしいです。
まぁ嘆いてもはじまりませんので、我が子にはやって良いこと悪いことはビシッと教え始めました。もちろん、なるべくスキンシップはとるようにして、愛情も注ぎますけどね
求められれば、会社出がけに「10分だけだよ」って抱っこもします。。。。。あ~~頼むからワイシャツで鼻をふかないでくれ(笑)

>たくまなママさま

親になりきれて無い・・・そうですね。
私は親になる=自分よりも子どもの方が大事になる・・・ことだと思っていました。
実家母の言葉ですが、「子育てって、そんなに難しく考えなくていいのよ。この子が大人になったときに親として振舞えるような常識と忍耐力と雑学を備えてあげれば良いだけよ。」
・・・・・・う~~ん、それが難しいんだってばぁ~!

1年生の‘生活‘の教科書の内容を見ていると、小学生になって学校で習うことじゃないような内容が・・・入学以前に家庭で身に付いていて当然だと思うことを授業で教えなくてはいけないって、大変ですよね。いろんな意味で。。。

我と我が身をしっかり振り返って行きたいと思います。

>edosinさま

大人も子どもも、「やって良いこと・いけないこと」どころか「決してしてはいけないこと」の区別も付いていない人、増えましたね。

刃物で刺したらどうなるか?首を絞めたらどうなるか?高い場所から突き落とせばどうなるか?火をつけるとどうなるか?・・・・・「まさかこんなことになるとは思ってなかった」って後からのコメント、怖すぎます。

出勤前に10分の抱っこ。朝の10分は貴重なのにその時間をお子さんの為につかえるedosinさん、すごいです!朝って、ついついカリカリしちゃうんですよね。。。。。
でも、ワイシャツで鼻水は・・・勘弁ですよねぇ~v-13

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shiroyagimama.blog56.fc2.com/tb.php/320-ec49003a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。