HP制作 こころに太陽 Ⅱ 穏やかな時間

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穏やかな時間 

実家から戻ってきました。


私は2泊でしたが、おにい&いもこは9泊もさせてもらっちゃいました。
お泊りの最長記録ですね。


1週間もの「独身」の時間がもらえたのですが、自分の病院や、黒やぎの手術の前後のドタバタ、PTAの会計の決算、町内会の会合、お葬式・・・特にのんびり出来たとか、そういう時間は無かったのですが、自分のペースで、自分の用事が出来る・・・ものすごく久しぶりのことでしたので、用事がはかどったような気がしています。(実際には、目先のことが片付いただけなのですが・・・)


今回の「独身」時間の一番の収穫は、「夫婦の時間」が持てたこと・・・かもしれません。
病院へ行っても、子供たちが眠たくなる前に…退散。。。
昼間に訪問しても、退屈したりお腹が空いて機嫌が悪くなる前に…退散。。。
次の予定(習い事や友達との約束など)に間に合うように…退散。。。


ゆっくり時間が取れる時でも、おにい&いもこが何かとにぎやかにしていますので、結局、あわただしく時間が過ぎてしまうような状態。





この春休みは、私一人で病室へ出かける時間が持てたので、洗濯を待ちながら、何をするわけでもなく・・・・・何を話すわけでもなく・・・・・。
ただ、ベッドサイドに座って、お互いにボケ~ッと時間をすごしたり、何を話したんだか・・・たわいも無いことをぼそぼそ口にしてみたり・・・・・。




結婚してから9年とちょっとの時間が経ちましたが、こんな風に2人で何もせずにただ、時間だけが過ぎていく・・・そんなこと、初めてかもしれません。


仕事以外は、ず~~~~~っとパチンコ屋に行ってしまって、家にいない人だったし・・・(笑

子供よりも、私よりも、自分が遊ぶことが大事な人だったし・・・(縛

ことあるごとに、私をののしったり、私の行動を詮索したり監視したり・・・って人だったし・・・(泣



大体、私が「何もしないでぼ~っとしていられる時間」なんて、これっぽっちも無かったような気がします。


黒やぎがいる事=私が忙しくなる・・・でしたから・・・・・(笑

だから、黒やぎの傍にいて、何もしなくて、ぼけ~っとしていて・・・なんて事自体が、信じられへんような状態。

今までの黒やぎと私なら・・・ぐっちゃらねっちゃらイロイロ言われて、隣に長時間座ってるなんて、そんな苦痛なこと・・・絶対にがまん出来ませんから!(笑



6ヶ月も入院して、死に掛けたことも知らされて・・・10年目に突入して、初めて女房の有り難味を知ったそうですので・・・

気が付くの、遅いっちゅうねんっ!!(爆




なんかね、何もしない、何も話さない・・・でも、隣に私がいる・・・・・

そのことが、手術前の不安な気持ちとか、落ち着かない気持ちとかを、穏やかな気分に変えたそうです。

私が隣にいることで・・・何があっても大丈夫なような気持ちになったそうです。


そんなものなんでしょうか・・・・・?







今更・・・って気もするのですが・・・・・

子供が二人もできて、病気して、入院して、死に掛けて・・・・・
9年間、散々すったもんだしてきたくせに・・・10年目になって、初めて「夫婦になった」・・・・・
そんな気がした春の一日、静かな時間でした。
スポンサーサイト

コメント

夫婦のつながりってほんと不思議ですよね。

一緒に暮らせば、色んな嫌なことも目についたりして。お互いに不満も溜まって。でも、どんなにつらい時間でも。過ぎてしまえば、二人で過ごした時間の一部に違いないんですよね。

私も最近、結婚12年でようやく、子供達が独立して夫婦に戻っても、二人でやってけるかな~っと思うようになりました~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

なんだかしみじみしてしまいますね。
黒やぎさんの入院は、勿論大変なことの方が多いでしょうが、得るものもあったのではないでしょうか?
白やぎさん、ホント苦労されてますもん。
絶対報われて欲しいです(><)

神さんがいるかどうかは、人それぞれの考えでしょうけど、入院ということで黒やぎ殿に試練を与え、本当に大切なものは何か!
教えて下さったのかもしれませんね。。。
  • [2006/04/03 16:49]
  • URL |
  • ちょんまげ侍金四郎
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

小吉。良くも悪くもないそうです^^;;
大事なのは「きっかけ」
きっかけね~~。。。大事かも(* ̄m ̄)プッ

>ちょこたんさま

>子供達が独立して夫婦に戻っても、二人でやってけるかな~っと思うようになりました~。


そうそう!子供に手がかかる間は、気がまぎれる・・・と言うか、そっちに心身ともにエネルギーを使うので、旦那との関係がどうこう・・・って言うのは、どうでもいいのよ(笑
と、言うより、いちいち構って、その結果、揉め事になるくらいの暇があれば、子供と自分のために時間を使ったほうが、家の中、スムーズに動いたりするのよね。

真剣に思ってました。我が家は子供に手がかからなくなったら、私は我慢が出来なくなるだろう・・・って。

退院したらどうなるのか分からないけど、とりあえず、2人きりになることの苦痛は軽減された模様。(爆

>すいみーさま

失くしてみて初めて分かること、いっぱいありますね。

2年半前の入院のときは「自分ばっかり辛い思いをして、お前はちっとも苦労してない」みたいな思っていたようですし、そのような‘言いがかり‘も何度もぶつけられました。
「俺は入院してかわいそうなんだから、入院してないお前は、俺のためにどんな事でもして当然!」ってな具合でした。

今回は・・・心身ともに、本当にしんどかったのだと思います。自分がくたばってるときに、その分誰かがカバーしてくれて世の中、成り立っている・・・って見えにくいけど当たり前のことが見えて、黒やぎにとっては、支える人=私・・・って、気が付いたみたいですね。(笑

思いっきり転んだので・・・^^;・・・何か拾ってから起きましょう。(笑

>金四郎さま

仰るとおりだと思います。

黒やぎ本人が「自分の知らないところで、何か大きな力が俺の人生、動かしてる。そういう人がいる。」って言いました。
今まで神仏の類は、「信じたければ信じたら?」って言ってた人が、「神様っているよなぁ~」なんて言い始めています。(笑

>hana♪さま

「きっかけ」・・・?・・・入院ってことかな!(笑

私が引くと、「末凶」「凶」「大凶」ばっかり出るんだけど・・・(泣

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shiroyagimama.blog56.fc2.com/tb.php/37-10fcf612

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。