HP制作 こころに太陽 Ⅱ 出たっ!!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出たっ!! 

本日、先週の木曜日にした黒やぎの手術時採取の組織培養検査の結果が出ました。



年末の手術のときに、ボルトを差し込んでいた穴の痕から膿が出ていたのですが・・・予想通りというべきか・・・



MRSAが検出されました。



術後、10日間くらいは抗生物質(バンコマイシン)の点滴を予定でしたが、これで点滴の期間が思いっきり延びてしまいました。


いつまで続くんだろう・・・・・・・・・・


昨日のガーゼ交換の際にも、出血分を培養検査に出していますので、また、1週間後くらいに結果が出ると思います。

炎症反応を示す数値も、昨日の時点で「9」台です。
(正常とみなされるのは0,6未満)


手術後は、多少は高くなるものなんですが、9というの高すぎます。
しかも、手術後よりも、昨日のほうが断然、高い数値なんですよ。



手術をしたことによって、骨のボルト穴だけに収まっていたMRSAが、広がってしまったのでなければよいのですが・・・・・。






病室でのリハビリは出来ますが、ベッドの上での屈伸運動とか、内容は知れています。

歩行訓練など、きちんと体重を支えるための設備が整った、リハビリ室でなければできないようなことは、病室の構造上、不可能です。


でも、院内感染を予防するために、黒やぎは病室から出られないのです。当分の間・・・・・。





最短距離なら、5月の連休明けにも退院計画。。。。。確実に延期になりました。






ドクターからは、結果の報告と、今後のことについて明日の訪問時にでもちょっと相談・・・と言うお電話を、夕方遅い時間に頂きました。



本人からも「仕事のことも含めて、ちょっと将来設計というか、考え直さなくちゃアカンかも。凹んでばかりもおられへんから、ちょっと、子供抜きで話せる時間、近日中に何とかなりそう?」とのメールが来ました。


今までなら、落ち込んだり自暴自棄になりがちな黒やぎが・・・凹みながらも前向きに・・・ちょっと頑張ろうと思っている様子なので、その点は安心しました。


う~~~ん、子供たちには・・・まだ言っていません。と言うよりも、言えません・・・と言ったほうが良いような気がしますが・・・。
話さないわけにはいきませんよね。


一晩、ちょっと自分自身の気持ちも落ち着けて・・・話し方も考えて・・・それから、ゆっくり話して聞かせようと思います。






で、黒やぎの悩み。。。。。

「オヤジには、いつ、どないに言うたらええねんっ!?」

きゃぁ~~~っ!!!




それ、重大問題ですね。(泣








いろんな意味で、しばらくまた大変そうです。
スポンサーサイト

コメント

ん~子供達に伝えるのは「夫婦の話し合い」をしてからでも遅くないのでは? ドクターとパパさんと話し合って 自分の心が落ち着いてからじゃないと話が混乱しちゃいそう(涙
子供達が「待っている」のも分かるのですが、一呼吸おいてパパさんとじっくり話しましょ!ネ!(*_*)d

はい、たくなママさんに賛成。

ついでに、黒やぎパパさんの実家側にも詳しいことは伝えなくてもいいのでは。言ったところで、またお店サボられても困るしね。

今は、黒やぎパパさんが前向きであること、を頼りにしましょ。

私もたくまなママさんに賛成!
黒やぎパパさんもいまさらのように、白やぎママさんの頼り甲斐に気が付いたのかな?

実家のほうには肝心なところはぼかして伝えてもいいのでは・・・?

うまくいえなくてごめんなさい。

黒やぎパパさんのことはロムをしていましたが今回はちょっと心配なので出てきました。
まずは夫婦の話し合いを完璧にしてから子供の件も黒やぎパパさん
の親戚の件も決めてみたほうがいいと思います。
状況が状況なのであせりは禁物です。早く子供達と家で過ごせるよう
祈っています。

ご報告

ご心配いただき、ありがとうございました。v-436

子供たちは、病室の隅に消毒セットワゴンが置かれたのを見て、
「スーパーかびるんるん(byあんぱんまん)」(MRSAのこと)がまだいることに気が付いてしまいました。v-12
だからと言って落ち込むでもなく、泣くでもなく・・・
「今度も自分達が応援すればお父さんは大丈夫v-237
そんな感じの言葉を口にしてくれました。
看護師さんの半分が年度初めの異動で入れ替わってしまい、子供たちにはそっちの方が心配なようです。^^;

義実家には、抗生物質の点滴は、念のために長めに続ける・・・と話してあります。

職場のほうも、あと2年間は出勤しなくても「休職」扱いにしてもらえることが、確認取れました。
休職中は、共済組合などからの補填があり、当座の生活費に困ることもなさそうです。

私が心配しなくても、本人も子供たちも、思った以上に落ち着いて向き合ってくれましたので、後は、適当に‘ガス抜き‘が出来るように、心配りしていこうと思っています。
落ち着いていることと、負担の有無は別問題ですものね。
しんどくなる前に、気分転換が出来るようなことでも・・・って、子供たちは、新学期が始まったので、学校や幼稚園で発散してくるようになるかな・・・。

病院に出かける側がくたびれないように、健康管理に気をつけるようにします。v-14

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shiroyagimama.blog56.fc2.com/tb.php/39-4ce88680

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。