HP制作 こころに太陽 Ⅱ ‘心意気‘って知ってる?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

‘心意気‘って知ってる? 

世の中にはたくさんの‘規則‘‘きまり‘とか呼ばれるものがあって・・・生活していく上で「守るべきお約束」って、どこにでも誰にでもあると思うんです。




それとは別のものもあって・・・。



「本来は、そうじゃないのかもしれないけど、でもね、気持ちが動いたから・・・」とかさ。。。。。
「そこまでする必要は無いんだけど、黙って見てられないよ・・・」とかさ。。。。。
「オイラはそう云う‘性分‘なんでぃ!」とかさ。。。。。





「・・・ねばならぬ」ことは無いけれど、つい、手を貸したくなったり、面倒見たくなったり。。。。。


『心意気』とか『意気に感じる』とか言う事柄。
人と人とのお付き合いの上で、結構、重要なポイントになっているとは思いませんか?



最近、よく思うのは。。。。。。


義実家の人たちって、この手のものが分かってないと言うか・・・本人たちにもそう云うものが感じられないし、人様の「心意気」ってモンも分かっていないような気がするんですよねぇ~~~

黒やぎの入院前の出来事なんですが。。。。。。。




義実家ご近所の某食堂は、先代からのお得意先のうちの1軒でした。
ビールは、ずっと義実家から卸させて頂いていたのですが・・・・・個人の酒屋さんって、単価が高いですよね?
冷やした状態で届ける…ってのはサービスとしては当然のことで、問題は、単価の高さをカバーするだけの‘なにか‘がなくちゃいけないと思うんです。



そこの食堂は・・・近所に出来た量販店まで、ビールを買いに行くようになってしまいました。


だって、例えば350ml缶を箱買いしたとすると、700円も安いんですよ
しかも、大型冷蔵庫を備えた店なので、冷えたものが購入できるんです。
普通に考えたら、量販店で購入するのは・・・・商売人じゃなくても、主婦でも‘常識‘の範囲内の行動だと思うのです。


しかも、「不景気やし、仕入れコストは下げたいので、ビールはあっちで買うことにしたけど、買い物はそれだけじゃ無いし・・・・。また、よろしく」って、ご挨拶に来てくださったんだよ。




それなのに、それなのに・・・・・・・・アカンたれおやじと、もっとアカンたれ息子は、「長い付き合いがあるのに、裏切り行為や」とか何とかカンとか言い出して・・・・結局、そこの食堂へ食事をしに行くことを一切しなくなってしまったのです。



「長い付き合いがあるからこそ、ビールだけのことでガタガタ言わんと・・・。月に1回でも飯食いに行って、顔つなぎだけでもちゃんとしとけよ。。。。。」

何度も何度も黒やぎがそんな話をしたのですが、「元はと言えば、向こうがビールを。。。。。」みたいな返事ばっかりで、結局、その食堂とは絶縁状態に・・・・・





結果、そこの食堂に家族で食事をしに行っていた、近所のほかの酒屋さんに・・・・・調味料関係の卸を持っていかれちゃいました。

当然の結果です。もちろん本人たちは納得するわけも無く。。。。。「義理も人情もない奴らだ」「付き合う価値も無い」的な発言をいたしましたので、びっくり・・・と言うよりも、どっきり&がっかり


なんでも、「『心意気』が感じられない相手には商売が出来んから」らしいです。えぇ~っ



すべてにおいて、そんな感覚で商売をしていますので・・・・経営状態が傾いてきても当然なんですよね。






11年前、阪神淡路大震災の時に、義父は家の梁の下敷きになり、骨盤骨折で5ヶ月近くの入院をしたのですが、その時も「人の気持ちを分からない」・・・って言うよりも、自分の気持ちを満足させるために、思いっきりルール違反を犯しました。



お世話になった病院のドクター&看護師さんたちに「心づけ」を渡そうとしました。
このときも、黒やぎに「きちんと診療報酬は払っているし、下手に渡したりすると、先生たちに迷惑がかかるから止めとけ」って言われていました。
当時は結婚前でしたが「オヤジが・・・・どない思う?」と相談を何度か受けました。


もちろん、丁重に返却されたそうです。
そこで、あっさりと引き下がればいいのにね。
再びナースステーション&医局へ・・・・持参したそうです。← 迷惑行為です

それでも、その場で返却されます。


もう、しませんよね? 普通なら。。。。。。




病院の住所で、先生のお名前で・・・・・送りつけました ← ストーカーに近いです




お手紙(困りますので・・・って内容だったらしい)付きで、返送されてきたそうです。← そりゃぁ~・・・・・困るでしょう









黒やぎは、今度こそあきらめると思っていたらしいのです。
ま、普通に考えれば、こんなことを何度も繰り返しちゃう時点で思いっきり迷惑ですもの。 郵送で、手紙付きで・・・・返されたら、いい加減に「アカン」と気づくものだと思うのですが。。。。。




後日、黒やぎから「オヤジ、やりおったっ」と言われました。


近所に、お世話になった病院で掃除のアルバイトに出かけていた方を見つけて・・・・ドクターのご自宅住所を聞き出したらしいのです。
まだ、個人情報保護法とか出来るはるか昔のことですから・・・・病院職員の自宅住所とかも、非常勤で働いている人でも入手可能な時代。




で、ドクターの自宅住所へ、菓子折りの中に金封を入れて・・・・・送り付けちゃったんだと。。。
黒やぎ曰く「悪代官と‘越前屋‘みたいな事、すんなよっ


1回目は返ってきたけど、2回目(また送ったんかいっ)は、とうとう返ってこなかったとさ。。。。。。
先生、あきらめたんかな・・・・・




義父の行動をとがめる黒やぎ@公務員が、義兄には分からなかったようです。「別に悪いことしてるわけじゃないし、ナニを怒ってんの」って聞かれたらしいので。






そんな人たちなので・・・・・・黒やぎの容態が思わしくなかった時とか、すぐに「ちゃんと先生に心づけしとるんか」と聞かれたときは、本当に気分が悪かったです。
私が担当ドクターへの付け届けとかしていないので、黒やぎの治療をいい加減なもので済まされている・・・・そのような`忠告‘を何度も受けました。 ← 初告白



義父から何度も言われたことは、「ちゃんとした治療をして欲しければ、患者としての『心意気』を見せなアカン」・・・・・意味不明



あんなにも黒やぎや子供たちのために、心配りをして、私の気持ちの支えにまでなって・・・・そんな病院スタッフの皆さんのことを「手抜き」と判断されたことに、腹が立ちました。


女房の私が心づけをしないのなら、「親として当然のことはさせてもらう」と、金封を持ち出されたこともあって・・・・・押しとどめるのに必死になりました。
最終的には、看護長さんに「義父がこんなことを言い出していますので、どうぞ係わり合いございませんよう・・・」と、失礼を承知で頭を下げに行きました。
看護長さん、「きちんとキツクお断りしますから、奥さんはご主人とお子さんのため以外のことに、心を砕かなくて大丈夫ですよ」・・・そう仰って、私の肩を抱いてくださいました。




こう云うのをね「心意気」って言うんじゃないの

最近‘後輩‘の出来た看護師くんが、ずっとずっと子供たちのことを気にかけて、話し相手になってくれることを言うんじゃないの

どうしようもなく落ち込んでいた黒やぎのために・・・夜の10時から延々日付変更線付近まで、ベッドサイドで話し相手になってくださったドクターのことを言うんじゃないの





私が、黒やぎの病院へ義実家の人たちに来て欲しくない理由は・・・・これもあるのです。
先日は、黒やぎ本人に向かって「白やぎは先生への『心意気』をちゃんと見せているのか?」と聞いたらしくて。。。。。


私、義父がナースステーションに金封を持って行こうとしたこととか、黒やぎには言っていなかったんですよ。一番、体調も精神状態も悪い時期だったし、病気や子供たち以外のことで、心配事を増やしたくないと思っていたので。。。。。




で、11年前の付け届け騒動を思い出した黒やぎは焦りまくって・・・・公衆電話から電話をかけてきましたもん。(3月末の手術前だったので、電話まで自分で車椅子で出かけてたのね)
そこで初めて・・・・‘告白‘したので、黒やぎ、電話の向こうで絶叫していました。「お~~や~~じぃ~~~~~っ 」って。。。。。






どなたか義実家の「野郎ども」を・・・・・修行させられる場所、ご存じないでしょうか 
スポンサーサイト

コメント

’心意気’イコール’お金’って考え方なんですねえ、きっと。
お金が一番大切なくせして、お金を大事に考えないから、お金を稼ぐのも下手、っと。

’親として当然のこと’って言うなら、入院費とかそれにかかる費用を払ってくれりゃいいのに。息子一家を養ってくれるってくらいの’心意気’があるのなら、、黒やぎパパさんだって治療に専念できるし、白やぎママさんだってずっと病院に付き添っていられるのに。

遠くにお引越しして、縁が切れるといいのに、ねえ。

古い世代の皆さんは…

おしなべて似たような行動を取りますね。

我が家の親もやります。

特に大きな手術前や、長引く入院の時は、ナースステーションには菓子折。
Dr.には
『お手紙ですから・・・。』
と、お金or商品券。

『そんなんしていいん?
診療報酬払ってるんやから止めときいや・・・。
看護士さんへのお菓子は、差し入れとしていいやろうけど、先生へのお金や金券はアカンはずやで?
受けとらへんかったやろ?』
と言うと、
『何言うてんの。ちゃんと受け取ったよ。』
ですって。(呆)

渡す方も渡す方ですけど、受け取る方も受け取る方です。

どことは言いませんが、千里の方の、国立付属病院ですけどね。

不服そうな私に母は、
『アンタはまだ世の中を知らんのよ。
渡し方さえ心得てたら、先生もサッと受け取りはるんやから。
何やかや言うても、やっぱり効果あるんよ。
居てる間は、何かにつけて良くしてくれはるんやから。』

・・・と、ツラッとして宣いました・・・。

その言葉に、私の頭の中では、[渡鬼]のテーマ曲が流れ始めましたよ・・・。(涙)

>ちょこたんさま

お金にとらわれている部分がある割には・・・お金にルーズなのよね。なんか、よく分からなくて。。。。。

入院費とか、援助とか申し出があったとしても・・・絶対に断ります。
そんなことで恩を着せられて、店の手伝いとかさせられたらとんでもないもん! それは、黒やぎも同じ。 こっちから金を出すことはあっても、向こうには出してもらわない。 借りは作らないようにしたいみたいです、息子すけど・・・。

そこらへんが、親子とも普通の感覚と違うのかもね~。^^;

転勤族も大変かも知れないけど・・・たまに、引越しが要るような転勤がうらやましいと思うこともあります。
ウチ、下手に転勤とかしたら義実家に近くなっちゃうよっ!(焦

>チコさま

>渡す方も渡す方ですけど、受け取る方も受け取る方です。

うん。それも言えてますね。 黒やぎの担当ドクターは‘袖の下‘とかお嫌いなタイプだとお見受けしています。 だから子供にまで「お見舞い講座」というか「お父さん応援講習」みたいなこと、してくださったのでは・・・と思うんです。

国立付属病院・・・私、わかっちゃったよ(笑
公の病院でそれって・・・・・。(縛

なんかね、お金を渡さないとちゃんとした治療をしてもらえない・・・って、ドクターに対して失礼! 私はそう思っています。
で、感謝の気持ちは・・・
*元気になることを信じて看病すること。
*お見舞いの時には、病院と他の患者さんの迷惑にならないようにすること。
*何よりも・・・本人が元気になること。
・・・それで、お返しするものだと思っていますので、義実家の人たちのことあるたびに「それって医療ミスちゃうんか?」とか、看護師さんたちが黒やぎの着替えや洗髪などするのに気を使わせる・・・とか、患者本人に迷惑や心配をかける・・・とか、論外だわ。

このほかにもイロイロ・・・はぁ~~?って考え方はいっぱいあります。輸血のこととか、他の入院患者さんのこととか・・・信じられないような差別発言も連発してくれますしね。それも・・・病室に長居・・・病院に出入りして欲しくない理由のひとつ。滅入りますe-263

心意気

食堂がうちの店からビールかわなくなったと小さいこと言ってる人が、お金渡してどうするのか。。。だいたい医療従事者は己の責任に置いて職務を遂行しなければならない方々、なにか過失があればマスコミに叩かれて社会的地位をも奪われてしまう。

それで心意気いうのなら「先生、わし芦屋に100坪ほど土地がありますねん、これ受け取ってくんなはれ」これくらい出さないと(笑)
  • [2006/04/20 09:05]
  • URL |
  • ちょんまげ侍金四郎
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>金四郎さま

>なにか過失があればマスコミに叩かれて社会的地位をも奪われてしまう。

はい、医療関係者は、思いもかけないことですべてを失うハメにもなりかねない・・・そう云うお仕事ですよね。
で、その「思いもかけないこと」のひとつが‘袖の下‘を受け取ったとか・・・そういうことだって叩かれちゃう訳で、お世話になったと思うからこそ、病院の規則でv-358になっていることはしない・・・それがお約束だと思います。

100坪の土地、いいですね♪
同じ芦屋なら・・・・夜景がきれいに見える山の手が欲しいのですが・・・v-8

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shiroyagimama.blog56.fc2.com/tb.php/52-05324e1a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。