HP制作 こころに太陽 Ⅱ おじさん

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おじさん 

昨日は「おばさん」記事だったので、今日は「おじさん」ってワケでもないのですが・・・


今でも懐かしく思い出す「おじさん」のことをお話したいと思います。







「おじさん」の名前も年齢も・・・顔さえも私は知らないのです。
当時の「おじさん」の自宅が、当時の白やぎの実家の近所だった・・・ってことだけ、分かっています。


この「おじさん」、時々、ほろ酔い気分でご帰還。
歌を唄いながら、徒歩で帰宅なさいます。


歌声が聞こえるのは、2週間に1回~1ヶ月に1回くらいの割合。


道幅の狭い一方通行の道だったため、夜の遅い時間になると、その道沿いに家のある人が帰宅するため意外には、ほとんど人通りがなくなるので、話し声でもよく響きます。

その道を・・・・声も高らかに響かせながら・・・・しかも、夜中の11時とか12時近い時間に・・・・唄っちゃうんですよ





それなのに「うるさ~いっ」ってなクレームが聞こえてきたことは、一度もなかったような気がします。


私も「おじさん」の歌声が聞こえてくると・・・・面白がって窓なんか開けたりして・・・歌声に耳を傾けた人です。






ナンといってもこの「おじさん」なかなかの美声の持ち主なんですよ

そのうえ18番は♪歓びの歌♪・・・・・ベートーベンの第9ですね

しかも ドイツ語なんですよっ



なかなかのモンでございます



たまぁ~に、他の歌が聞こえてくることもあるのですが、それも
♪菩提樹♪
♪野ばら♪(シューベルトのほう)

それも、ドイツ語でしたね。



・・・・・・・「おじさん」・・・何者やねん。。。。。。









阪神淡路大震災のあと、「おじさん」の歌声が聞こえなくなってしまいました。


唄うどころじゃなかった・・・・っていうのはもちろんでしょうが、お引越しをなさったのか?・・・とか、顔も知らない人なのに、なんだか寂しく思ったりしたものでした。






地震から1年余り・・・・久しぶりに・・・・本当に久しぶりに・・・・・ある春の夜の静かな住宅街に・・・・「おじさん」の歌声が響きました。


♪ 春の~うら~ら~の~ 隅~田~川~~・・・・・ ♪



初めて聞く「おじさん」が唄う日本語の歌。





地震の後、1年以上が過ぎて、少しずつ前に進み始めた夜の住宅街に響く ♪ 花 ♪ に、なんとも言えない気持ちになって、遠ざかり行く「おじさん」の歌声を見送りました。





私が「おじさん」の歌声を聞いたのは・・・・その夜が最後になりました。









「おじさん」、今も‘いい気分‘でご帰還の夜は、唄っていらっしゃるのでしょうか・・・・・。
スポンサーサイト

コメント

いいですねぇ

ドイツ語で歌っちゃうというところは、きっと合唱団やらコーラス部なんぞに属されていたのではないでしょうか。。。歌詞カードにカタカナで読み仮なふって一人で練習していてくれたら笑わしてくれますね。

でも情景が目に浮かぶようで忘れられない人ですね。。。
  • [2006/04/24 11:52]
  • URL |
  • ちょんまげ侍金四郎
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>金四郎さま

たぶん‘経験者‘だと思うのですが・・・。

時々想像したのは、おじさんはカラオケに行くのか・・・?
行ったらどんな曲を歌うのか・・・?v-264
ド演歌・・・とかだとイメージ、まる崩れです(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shiroyagimama.blog56.fc2.com/tb.php/58-07dd17ee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。