HP制作 こころに太陽 Ⅱ さぁ、どうする?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さぁ、どうする? 

連休に実家へ帰省した時に・・・・

からたちの葉に張り付いたアゲハチョウのたまごを持って帰ってきました。



おにいの時間割、昨年までは「理科」と「社会」が一つになって「生活」という科目だったのですが、3年生になったので「理科」と「社会」に分かれました。

で・・・「理科」の時間に‘蝶を育てよう‘って学習目標が学年通信にも書かれていたのですが、「たまご」「幼虫」「さなぎ」・・・なんでも良いし、蝶々の種類も問わない・・・ってことで「持ってきてください」と、担任の先生から言われていたらしいのです。

白やぎの実家には、先日も記事にした「たては蝶」のさなぎもいくつかあったのですが、何が厄介って・・・・たては蝶って、なぜか壁とかブロックとか・・・持ち運び不能なものにさなぎを作っちゃうんです。
・・・・・なんでだろう。。。。。

さすがに壁を持って帰るわけにはいきませんので、アゲハ蝶のたまごの方を‘お土産‘にしました。 その数、およそ20個


そのうち、数個を残しておにいの教室へ「嫁入り?」していきました。
たまごから孵化した後のえさ(柑橘類の葉っぱ)はどうするつもりだろう・・・・・・・・・・などと心配もしたのですが、学校から「持ってきて」と言ったからには、きちんとお世話もしてもらえるもの・・・・と信じて送り出しました。

小さいうちは良いんですけどね。
さなぎになる直前、終齢幼虫(大きくて、つつくとイヤな臭いのするオレンジ色の角を出すヤツです)になると、恐ろしいほどの勢いで葉っぱを食い荒らしますからね。

10匹以上の‘食いしん坊‘たちを、ちゃんと養えるのでしょうか

もし、ちゃんと新鮮な柑橘類、又は、山椒の葉っぱが与えてもらえなかった場合は、当然、幼虫達は死んでしまいます。
それに、ここ数日の夏のような暑さ。
プラスチック製の虫かごに入れて届けたのですが、幼虫が小さいうちは特に蒸れに弱いので、蓋を開けて風通しが良い状態にしてもらうようにお願いしましたが、放課後とか、誰もいなくなって閉めきった教室で・・・・「蒸し虫」なんてことにならないかしら。。。。。
白やぎ的にはそれが心配。。。。。。

でも、万が一、かわいそうな結果になったとしても、学校で生き物を飼うからには、命の大切さも知って欲しいのですけどね。たとえ、小さな幼虫でも。。。。。



昨日の朝、第一陣が孵化しまして、糸くずのチマチマしたような黒い幼虫が、3匹動き始めました。

今日は7匹に増えました。すでに、昨日の幼虫とは大きさの差が歴然


明日くらいまでは、今のからたちの葉で何とかなりそうですね。


その後のえさは・・・・確保済み
ご近所に大きな夏みかんの木のあるお宅が・・・・実は、昨年度のPTA役員つながりで、お知り合いになった方のお宅なんです。
おにい&いもこと同年代のお孫さんが遠方におられて、地域の子供達のことを「孫と思って・・・」と見守ってくださるおじいちゃん&おばあちゃんなんです。
で、昨日のうちにお願いに行ってきました。幼虫連れて・・・・

必要な時に必要な分だけ、自由に枝を頂いて良いことになりました。


せっかくなので、いもこの幼稚園にも・・・・・と思ったのですが、ここで問題です。

幼稚園児・・・・幼虫をいじくり回しそう


お世話をなさる先生方のお手間と、幼虫の身の安全?を考えると、さなぎになるまで白やぎ家で世話をして、さなぎになったら持って行く・・・・で、蝶々になったら園庭で子供達が空に放してやる。。。。。

一番、無理の無い方法かしらね


しばらく、我が家には「もそもそクン」たちが同居します。


今は、お菓子の空き箱に住んでもらっていますが・・・・来週には‘脱走‘始めますよね
おにいが学校へ持って行った様な、プラスチックの虫かご、100円ショップで買ってこなくちゃ




今後、随時「成長記録」をUPする予定です
20060510_1644_000.jpg

スポンサーサイト

コメント

確か、小学校の理科の時間だったかと思います。
校庭の葉を裏返して虫の卵(確か黄色っぽかったような)を取って飼育が開始されたんです。
もちろん、いずれは見目麗しき蝶々になると信じて。。。さて羽化しました。
どうみても蛾だよな(笑)
そんなアホな子供でした。。。

かつて、我が家の垣根にもからたちがありまして。物心つく前から、生物全般大好きの長兄が家の虫かごに持ち込んで、アゲハを育てておりました。そして。物心つく頃には、虫全般、大嫌いになってた私・・・。
でも、今となっては。ほとんど見かけなくなった風景なので、とっても懐かしいですね~。
おととし、うちでもアゲハを孵化させましたが、家の中で飛んでしまって。実は虫がほとんど触れない長男と大騒ぎで何とか外に出ていただきました。

うわぁぁ。。。どうしようi-282
私は、幼虫&蝶がものすごく苦手なのです。
学校から「持ってきてください」なんていわれたら、心底困る…。ブルブルブル。
ミミズを持ってきてくださいって言われたときも、本気で学校休もうかと思ったくらいで。
うぅ、でも子供は基本的に虫大好きですもんね。
親が嫌いだからって、触らせなかったりするのは止めよう…とは思っていますが、ちょっと耐えられるか自信がないなi-202

>金四郎さま

昨夏、おにい&同級生達が「蝶々になるまで育てたい!」と瞳を輝かせて、それぞれに幼虫を葉っぱにのせて持って来ました。
・・・・・が!・・・・
その幼虫、お尻に立派な角がありまして・・・
はい、スズメ蛾の幼虫でしたi-237

子供とは残酷なもので・・・図鑑で「コレの幼虫だよ」と説明したところ、幼虫達は少年達に虐殺されてしまいましたv-37

>ちょこたんさま

さなぎの間って、油断してケースの蓋が開いていたりしますね^^; で、羽化した時に大騒ぎになるのv-14 我が家でも2年連続で・・・家の中を飛ばれましたv-12 1回失敗したら学習しろよ。。。。。

お兄ちゃん、虫、ダメなの!?
意外やなぁ・・・・・。下2人の方が弄り回してたりしてv-236

>すいみーさま

蝶々、嫌いですか?
私はセミがダメです。絶対v-237嫌いってばぁ~v-356
トンボとか蝶とは、体より羽が大きいでしょ。でも、セミってバランス、悪いと思いませんか?
で、飛ぶ虫のクセして、着陸?着木?1回でピタッと留まれなくてバタつくところとか・・・アカンのよv-292
アノ顔も嫌いなのよi-230
去年の夏に、朝5時から自宅窓の網戸に留まって鳴かれた時は・・・・・発狂しそうでしたv-40

白やぎママさま、
あ、先に後続記事を読んでしまい、フライング・コメントしちゃいました。
おゆるしをば。
うーん、でも、やっぱ、「ごはん」の世話は
大変そうですねぇー!!\(^o^)/

>kinballさま

フライング、OKですよ^^w
虫も子供も・・・・食欲旺盛だと、ご飯の用意に悩みます。v-14
でも、‘幼虫息子‘は食べるものが限定されているので、メニューで悩むことはありませんv-8

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shiroyagimama.blog56.fc2.com/tb.php/73-48bbb4e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。