HP制作 こころに太陽 Ⅱ あちゃ~( ̄▽ ̄;)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あちゃ~( ̄▽ ̄;)  

今日は、所用があって黒やぎの入院先を含む4箇所の病院
出かけておりました。
まるで、医療品メーカーの営業担当者のようですね





その中の一つの病院にて・・・・・・・


救急搬送口の前を通りかかると、ちょうど救急車 も到着しました。
救急隊員さんが後部ハッチを開けると・・・・

中からは、我が家の子供達と同年齢くらいとおぼしき3人の子供達が
歓声?と共に元気良く飛び出してきて、その後ろからは、母親と
思われる女性が、これまたニコニコとしながら、ごく普通に降りて
来られました。


親子の後ろから、ただ、着いて行くだけの救急隊員さん達・・・・・。







・・・・・誰の具合が悪いんだか。。。。。。
いずれにせよ、救急車は必要ないよね

スポンサーサイト

コメント

v-80止めようよ、救急車をタクシー代わりに使うのは・・・。
救急車は、救急搬送の為の物。
はしゃげる元気のある子どもを運ぶためのものではない。
常識ある適正利用をして欲しい。v-190

>ちこさま

病院通いも8ヶ月目に入り・・・他の病院へも、なぜだか出かけることが増えてきて(お見舞い含む)、救急車ともようけ出会います。
見ているだけで「なんでやねんっ!?」って突っ込みたくなるような元気な人、度々見かけますね。v-406
ウチの近所にも、常連か・・・?と思われる人、いますわ。。。。。v-40

子供の症状は急変が怖いのはありますが、ん~救急車で搬送中の処置や安心して元気になった・・・にしては元気すぎるのかな?
何れにせよ きちんと判断してから呼んでほしいものです。

>たくまなママさま

確かに子供って、悪くなる時も良くなる時も、「コロッ」っと変わることが多いですね。i-230

昨日の親子は、まるで遠足バスから降りてくるような和やかで楽しい雰囲気でした。
後ろの救急隊員さん達のどんよりした表情と重そうな足取りが、親子の表情とはかけ離れていて、車内での騒がしさを連想させましたv-12

む、むむう!?
お話だけからすると、「喝(かぁーつ)!」
でんなー!! \(^o^)/
ニュースでもなんどか話題になっていたのを
みたり読んだりしますね!!
救急車のタクシー化......
なんだかなー!○| ̄|_

>kimballさま

サイレンを鳴らした救急車&消防車に出会ったら、さっさと道を譲ろう・・・程度の意識は、免許を取った時点でありましたが、その後、消防職員さんが友達になったり、ネットでもお知り合いになったり、子供と消防署に通ったり、黒やぎが入院したり・・・ってこともあって、以前にもまして、こういう利用の仕方が目に付くようになりました。

結局、タクシー扱いした人たちが一番困るような方向に話が進んで行ってる様にも思うのですが、本当に必要な人にもしわ寄せが来ますよね。v-406

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shiroyagimama.blog56.fc2.com/tb.php/75-2fb8a7fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。