HP制作 こころに太陽 Ⅱ 「個」と「我」の違い

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「個」と「我」の違い 

一つ前の記事では、おにいの隣のクラスの先生のお話でしたが、今回は、おにいの担任の先生のお話です。




子供達には「個」と「我」の違いを知って欲しい…と言うもの。

 一見「なんだ?こりゃ?」にも見えるピカソの絵が「素晴らしい!」と絶賛される理由には、ただ単に「個性豊か」だけではないのです。

ピカソのスケッチ…まるで本物がそのまま絵になったかのような、正確で精密な‘基礎‘が、しっかりと出来ている上での「個性豊か」だからこそ、人々の心をひきつけるのです。


子供達ひとりひとり…みんなにそれぞれのキャラクターがあって、それぞれにかわいくて、愛すべき存在です。
願わくば、一人ひとりの輝きを、ず~っと失くさずに、伸ばしていって欲しいと思っています。


でも、一人ひとりの「個性」だけを追い求めるのは、間違いの元だと思っています。

「個」と「我」は、似ているけれども違う物ではないでしょうか…。



「個」とは、団体、仲間の中にあってその存在感を示す物。
仲間がいて、支えあったり助け合ったりしていく中での、自分としての立場、考え、あり方を「個」と言うのではないでしょうか。



「我」とは、周りには関係なく、とにかく自分だけ…自分さえ…他の人にはお構いなしの‘自己中‘を言うのではないでしょうか。




自分の気持ちや考え方、自分自身の存在を大事にする事は、団体生活の基本、仲間を思いやったり信じたりする気持ちがあってこそ、初めて生きてくる物ではないでしょうか。




同じ「自分の気持ち」でも、‘わがまま‘ではなく‘自尊心‘と‘自立心‘を伴う気持ちを支えるのは、友達であり家族であり・・・。



世の中、自分ひとりではないこと、たくさんの人の中に自分がいるということが、もう、分ってくるし、今、分らなければ、分らないまま大人になってしまう…そう云う年齢だと思います。


どうぞ「個」と「我」の違いを、家庭でも一緒に考えて、話題にしてみてください。お母さんが大事だと思うことは、子供も大事に思ってくれるはずです。





 そんなお話をしてくださいました。

全然違うタイプのお二人の先生ですが…1年を過ごしてみて、素晴らしい「名コンビ」だったと、改めて感じる学年PTAの時間でした。
スポンサーサイト

コメント

ついさっきのこと坊主君に「まぁ、いいか」の話しをしました。
旦那君も「ほぉ~」って感心して聞いておりました(苦笑
今回の言葉もキッカケを見つけて話してみます。
一回で無理なら何回でも話して聞かせます(^.^)
素敵な先生に出会えると嬉しいものですね。
坊主達はマンモス校でなかなか先生と話す機会は無いのですが「連絡帳」とか「参観日の休み時間」で出来るだけ楽しく連絡をとりあってます(^^)

>たくまなママさま
 連絡帳、いいですよね。私も、黒やぎの入院や病状に関して、おにいの精神状態とか学校での様子とか・・・心配なことは全部連絡帳で確認させてもらっています。
先生の方からも、気になることとか、大丈夫な事とか、きちんとお返事いただけますし、連絡帳本来の役割、しっかり果たしています^^v

今年度はPTAの役員でしたので、しょっちゅう学校にいて、子供の担任以外の先生方ともたくさんお話できる機会に恵まれて、おかげで先生方の見えない場所でのご苦労とかも、いっぱい見せていただきました。
役員もしんどい事ばかりじゃないですよね・・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shiroyagimama.blog56.fc2.com/tb.php/8-d5acc67e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。