HP制作 こころに太陽 Ⅱ 7匹

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7匹 

我が家の幼虫達、9匹から7匹に減りました。



一昨日の朝までは9匹いたのですが・・・・・昨日の朝、2匹がケースの底に落ちて…動かなくなっていました。


死んでしまった2匹は、同じ日か次の日に生まれた幼虫なのですが、
なぜかちょっと小さかったのです。
他の7匹に比べても動きがちょっと鈍くて・・・・元々、弱い子だったのかもしれません。

それもこれも…自然の摂理なのかな・・・・・・・

強いものだけが生き残る。
自力で生きていけない弱いものは死んでいく・・・・・・。




子供達には、帰宅してから動かなくなった小さい幼虫を見せました。
2人とも、神妙な顔をして、小さな幼虫とケースの中でモリモリ葉っぱを食べている大きな幼虫とを見つめていました。



いもこは、
「おうちに連れてきたから死んじゃったの?
 お外が好きだったのに、箱に入れられたからイヤだったの?」
そう言って、涙を浮かべました。


おにいは、
「おばあちゃん、蝶々になるまで待たないって言ってたもん。
 あのまま置いてても、たぶん死んでたよ・・・・・・。
 病気だったのかな・・・・・。空、飛べなくて可哀相だったね。」
そう言って、いもこの手を握っていました。



「空を見せてあげよう!」
子供達が用意した小さな黄緑色の折紙の上に、死んだ2匹の幼虫をのせ、外に出ました。

昨日は晴天ではなかったけれど、うっすらと青い部分も見え、風も少し吹いていました。

小さな幼虫は、水分が抜けて軽くなっているのでしょうか?
風が吹くと、コロコロと動きました。


アパートの庭の隅っこを掘って、幼虫達を埋めました。


小さい体は、すぐに土に帰るでしょうね。





家に残った7匹は、今朝も脱皮をしていました。(5時半ごろ)
皮が残っているのを見つけたので、子供達が起きたら見せようと思っていたのですが、7時前におにいが覗いた時には、もう、なくなっていました。
やはり、食べてしまうようですね。(たんぱく質摂取?)


5円玉と比べても、どんどん大きくなっているのが分かります。
20060517_0922_000.jpg


移動スピードも速くなったし、よく動き回るので・・・・・今日からケースの蓋を閉めておくことにします。

今までは、幼虫が小さすぎて、蓋の網目から‘脱走‘可能だったのですが、さすがにそれも無理な大きさになりました。


本当は100円ショップの小さな入れ物じゃかわいそうな大きさになってきたので・・・・週末には大きなケースを購入することになりそうです。





それにしても・・・・・・・
ある程度の大きさになっていれば別ですが、人間も蝶々も…‘新生児‘からの世話は、手間隙かかるわ。。。。。(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shiroyagimama.blog56.fc2.com/tb.php/81-ab27e21f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。