HP制作 こころに太陽 Ⅱ どっちもダメ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どっちもダメ! 

とある日の町内の会合にて・・・・・



白やぎの親の年代のご婦人(おばあちゃん)お2人の会話。


「うちの孫が火傷してん・・・・」
『かわいそうに』
「お茶の入った湯のみひっくり返して・・・」


お孫さんは小さいのでしょうかね。
茶碗や湯飲みをひっくり返しての火傷、よくあることですよね。



「嫁がアカンたれで・・・孫と一緒になって泣き叫ぶだけで、
 きちんと手当てもしてやれん。
 母親やのにどうしようもないやろ~」
『ホンマやな~。最近の嫁って、ホンマに大したこと無いくせに
 口だけは達者やからね。』
「火傷の手当ても出来へんからね・・・・・」
『ホンマ、しゃぁ~ないなぁ~』



お嫁さん、ずいぶんな言われようですが・・・・・
こういう会話を聞いてしまうと、つくづくお姑さんがいなくて良かった・・・
なんて思ってしまうものです。




『アンタ、孫の手当て、したったん?』
「嫁が出来へんから、私がしたらな・・・なぁ~。
 ちゃんと冷え○タ、張っといたったわ。」







えええええぇぇぇぇ~ 火傷に冷却ジェルってかっ



泣き叫ぶだけのお母さんも心配だけど、びっくりのあまり、とっさの判断が鈍るのは分からなくもないです。

でもさ、火傷に冷却ジェルを張っちゃうのは・・・・・・剥がす時に、火傷で痛んだ皮膚が、一緒にべろべろ剥がれちゃわないか心配です。
スポンサーサイト

コメント

あららぁ(=^_^;=)

火傷の直後は、流水で冷やすのが手当ての取っ掛かりと、私は認識していますがどうなんでしょう・・・。

アロエがあれば、切り開いてそれを患部に当てて、大きな絆創膏などで押さえてあげると、早くよくなります。

冷えピタは・・・う~ん・・・どうなんでしょうねぇ・・・(^_^;)

やっぱりまず流水ですよね。

アロエ、子どもの為に買って庭に飢えてたのですが、雪でダメになってしまいました。また準備しとかないと、ですね。

あんまり大したことなくて、冬に流水だと冷たいと子どもが言う時は、冷えピタ、フィルムをはがさない状態で子どもに渡しておくこともあったりします。冷蔵庫に常に入れてるので、程よく冷えてまして。
でも貼っちゃうと、あとどうなるんでしょうねえ・・・?

はじめまして^^
以前から、時折拝見させて頂いておりましたm(__)m
今回、hana♪さんの所からやってまいりましたが、名前の通りQQに携わる者として、一言……火傷に「冷え○タ」は、間違いです。

説明書にも書いてあると思うのですが…。

火傷処置の基本は、流水での十分な冷却(10分以上)ですね。

ただし、身体の半分近くが火傷したら、即刻119です!

あ、あわー!!おばあさん方、間違っておりますー!!!i-282
嫁さんのこと言えませんね・・・。

うちは最近、ご飯の入ったお皿に手を突っ込もうとするので怖いです。。。
熱い物は特に気をつけねばですねi-201

>チコさま

火傷には流水・・・親年齢の方ならご存知だと思うのですが、びっくりでした。

アロエは、私も子供の頃からずいぶんとお世話になりました。v-14
我が家の一坪畑にも、キダチアロエの株があります。時々、切り取って使うママ仲間がいますよ。

>ちょこたんさま

我が家のアロエを減らして下さい~っ!(笑)
切っても切っても・・・どんどん増えまくって、畑の中で思いっきり存在感を主張しまくってますv-14 株分け、するよぉ♪

火傷を含む応急手当の方法、学校の保健の時間に習ったような気がしない? 例の「賑やかな保健の先生」に・・・v-291

>救急一筋定年まで さま

はじめまして。いらっしゃいませ。
実は・・・私も、消防長さんやhana♪さんのところから、何度かお邪魔したことがありますv-433 お名前は、良く存じております。

消防署や自治会への出張講習会でも、火傷の応急手当の方法、教えていただけますね。
昨年の講習会でも、「火傷は『舐める』」とおっしゃった方があって・・・・唖然としましたv-11

手当ても大事ですが・・・子供がいると特に「火傷をしないような環境」に心配りをすることも大事ですね。

>すいみーさま

ベビーちゃんが自力移動するようになると、イロイロとやってくれちゃいますよ。

いもこがハイハイを始めた頃、触らないように手が届かない(・・・と思っていた)場所に炊飯器を置いてご飯を炊いていたのですが・・・・思いがけず、人生初v-237 のつかまり立ちをしてしまい・・・・蒸気の吹き出し口に触ってしまいました。v-399
我が家の水道は、屋上のタンクからの水なので、まだ暑い時期の夕方、水道水はぬるいんですよね。
洗面器に氷水を溜め、その上でいもこの手のひらに軽量カップですくってはかけ、すくってはかけ・・・・幸い水ぶくれにもならず、すぐに良くなったのですが、その後、炊飯器は暫くベランダでご飯を炊くことになりました。v-406

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shiroyagimama.blog56.fc2.com/tb.php/82-4c83d47f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。